投稿!おもしろ作文道場
〜第32回投稿フォーム〜


 おもしろ作文道場にようこそ!

 第32回は、「ラブレター作文 2」です。

 第7回(3月頃)に行いましたが、もう一度やります。
 出典は、上條晴夫『ファックス資料 だれでも書ける作文ワークシート 小学校高学年』(学事出版、1998年)48頁です。原実践は『たのしい授業プラン国語』(仮説社)、追試記録が上條晴夫著『楽しい学級通信の書き方』(学事出版)にあるそうです。
 要するに、ある人に向けて書く「ラブレター」です。
 上條氏は『だれでも書ける作文ワークシート』の中で、次のように言います。

 ラブレター作文を書かせると子どもたちは大騒ぎになります。
 本気で自分の好きな子を頭に描いて作文を書き始める子が出てくるからです。
 子どもたちは熱に浮かされたように夢中になって書き浸ります。
 こういう作文の場合は時間をたっぷりと取ります。
 文章表現に凝る子どもが現れます。

 この「ラブレター作文」では、呼応の副詞(「まるで」「なぜ」「多分」「たとえ」「どうか」)を使用します。
 この順番で使って書いていただきます。
 例えば、次の「例」のように書きます。

 

 まるで女神様のようなあなたへ。

 なぜボクはあなたのことを好きになったのだろうか。

 多分君のひとみに心を打たれてしまったからだろう。

 たとえ家が離れていても必ず会いに行きます。

 どうかボクに君の笑顔をください。

 空想で書いても良し、初恋の人のことを思い出して書いても良し、自分の家族のことを書いても良し!
 今回も、面白いものについてはこのホームページで紹介します。
 あなたの挑戦をお待ちしています。

「ラブレター作文 2」投稿フォーム
締め切りましたが、挑戦したい方はどうぞ!

名 前(ペンネーム)
←必須です。ない場合は「恋する名無し」になります。

解 答
ラブレター実践講座ですよ。
頭の中に「だれか」を思い浮かべて、ラブレターを書いて下さい。


まるで、のようなあなたへ

なぜ、はあなたのことが好きになったのだろうか。

多分、からだろう。

たとえ、

どうか、ください。


★☆★☆以下は空欄でも構いませんが、ご協力をお願いします★☆★☆


アドレス または 所属

ホームページ(任意)

このコーナーへのご意見、出してほしい問題、
オープニング、エンディング、珍文・奇文など、何でもどうぞ。


メールマガジン『実践!作文研究』を、購読する 購読しない すでに購読している
(「購読する」をチェックする場合は、メールアドレスを記入してください。
 メールマガジンを申し込むだけの人はここからどうぞ。)


「投稿」ボタンは一回だけ押してください。
何も書かれていない投稿がたまに来ます。解答があるのを確認してから押してください。

第32回結果へ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る