投稿!おもしろ作文道場
〜第29回投稿フォーム〜


 おもしろ作文道場にようこそ!

 第29回は、「○○さんに電話しました」です。

 出典は、上條晴夫著『だれでも書ける作文ワークシート 小学校中学年』(学事出版、1998年)62頁です。
 最近、芸能人がすごい。
 いろんなことをやらかしてくれる。
 ということで、有名人に電話してください。
 上條さんの手引きを、例つきで転載します(出版元許可済)。

 有名人ネタは誰にでも書きやすいウソ作文の一つです。
 ただし有名人に会ったことにすると様子を描写しなくてはならなくなるので大変です。
 そこで電話で話をしたという設定を考えました。
 会話文中心の作文でいいからです。
 SMAPの中居くんに電話しました。
 夜の10時ころのことです。
 そしたら通じました。
 「もしもし中居さんですか」
 「はい。中居です」
 「ホントにSMAPの中居さんですか」
 「はい」
 「○○小学校4年2組の田中です。中居さんの大ファンなんです。『うたばん』とかいつも楽しみにしています」
 「ありがとう」
 「中居さんはいま何をしていたんですか?」
 「こんど『SMAP×SMAP』でやるコントの落ちを考えて…」
 プツッ。ツーッ、ツーッ、ツーッ。
 構成をほとんど考えずに書けます。
 その有名人について知っていることをどしどし口に出すようにするというのがこの作文を書くときのコツです。
 罫線のあるだけぎっしり会話をしましょう。
 ぎっしりと書けたら合格とします。

 要するに、会話文中心で、構成をほとんど考えず、知っていることをどんどん書いていくようにしてください。
 健闘を祈る。

「○○さんに電話しました」投稿フォーム
締め切りましたが、挑戦したい方はどうぞ!


名 前(ペンネーム)
←必須です。ない場合は「名無しさん」になります。

解 答


に電話をしました。
ころのことです。
そしたら通じました。

プツッ、ツーッ、ツーッ、ツーッ。

★☆★☆以下は空欄でも構いませんが、ご協力をお願いします★☆★☆


アドレス または 所属

ホームページ(任意)

このコーナーへのご意見、出してほしい問題、
オープニング、エンディング、道場の歌など、何でもどうぞ。


メールマガジン『実践!作文研究』を、購読する 購読しない すでに購読している
(「購読する」をチェックする場合は、メールアドレスを記入してください。
 メールマガジンはここからも申込できます。)


「投稿」ボタンは一回だけ押してください。
何も書かれていない投稿がたまに来ます。解答があるのを確認してから押してください。

第29回結果へ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る