投稿!おもしろ作文道場
〜第147回投稿フォーム〜


おもしろ作文道場にようこそ!

第147回は「『読書感想文』を書こう!」です。
実は、「実践!作文研究会」のメーリングリストでは、読書感想文の書き方の指導について交流がありました。
その中で、ライティング・インストラクターの倉島保美さんは、次のように言いました。

> 皆さんは、今、「読書感想文を書け」といわれたらどんな
> 文章を書きますか?
>
> 私は、次のように書きます。(私は職業柄、次のような文章が得意なので)
>
> 1.いかのどれかにターゲットを決める
>    ・登場人物に共感する
>    ・登場人物を批判する
>    ・物語から何かを学ぶ
>    ・自分の感情を表現する
>
> 2.ターゲットにあわせて言いたいことを1文で表現する
>
> 3.なぜそう思ったのか、理由を3つあげる
>
> 4.理由に対応する、文章の部分を抜き出す
>
> 5.文章にまとめる
>    言いたい1文を理由3つで論証します。
>    そのとき、本文を引用しながら説明します。
>
> こうすれば、論理的な読書感想文ができあがるでしょう。

この書き方で、例えば『桃太郎』の感想文を書くと、私だったら次のようになるかも知れません。
題名:桃太郎
決めたターゲット:登場人物への批判
言いたいこと一文:桃太郎はひどい。
理由3つ:
 ・おじいさんおばあさんをおいてひとりで出て行くとはひどい。
 ・きびだんごを半分しかあげないなんてひどい。
 ・鬼ヶ島に不意打ちで殴り込みをかけるのはひどい。
文章の部分の抜き出し:
 ・桃太郎は言いました。「鬼を退治して、宝物をいっぱい持って帰ってくるから、おじいさんおばあさん、待っててね」
 ・桃太郎は言いました。「鬼退治についてくるなら、きびだんごをやろう。でも1つはやれない、半分やろう。」
 ・「鬼ども、かくご!」桃太郎と家来達は、鬼を一人残らず退治してしまいました。
文章にまとめる:
   桃太郎の感想文       松田善啓
 私は桃太郎はひどい奴だと思います。
 理由は3つです。
 1つめ、桃太郎は「鬼を退治して、宝物をいっぱい持って帰ってくるから、おじいさんおばあさん、待っててね」
 そう言っておじいさんおばあさんをおいて鬼退治に出かけてしまいます。
 いくら自分の志が高いとはいえ、年老いたおじいさんおばあさんを置いてひとりで出て行くとはひどいです。残されたおじいさんおばあさんの今後が気になります。
 2つめ、桃太郎はきびだんごを目当てにやってきた犬や猿やキジに向かって「鬼退治についてくるなら、きびだんごをやろう。でも1つはやれない、半分やろう。」と言います。ずいぶんけちな野郎です。きびだんごを半分ずつしかやらないのです。それでついてくる家来も家来ですが、私は、桃太郎はひどい!と思います。私だったら一個あげます。
 3つめ、「鬼ども、かくご!」と言って桃太郎と家来達は、鬼を一人残らず退治してしまいました。鬼ヶ島に対して不意打ちで殴り込みです。卑怯でえげつない方法です。どこの国も、戦争を行う際には事前に宣戦布告を行うことが決められています。それをしないで攻め込むのは卑怯です。また、「おにたのぼうし」(あまんきみこ)の中に、主人公おにたが次のように言う場面があります。「おにだって、いろいろいるのに。おにだって……」そう。鬼の中には、いい鬼だっていたかもしれないのです。それを確かめもせず、一人残らず退治してしまうのはいかがなものでしょうか。
 以上のことから、私は桃太郎はひどい奴だと断定します。


 少々乱暴ですが、本当はもっとしっかり引用しなければいけません。ここでは上のような感じで結構ということに私がします。
 今月末まで。お待ちしております。物語は自由に選んで下さい。できればみんなが知ってるやつでお願い。 

第147回「『読書感想文』を書こう!」投稿フォーム
締切 2004年5月31日(月)午前11時
名 前(ペンネーム可)
→必須。ない場合「本きらい」になります。


解 答
本の題名
ターゲットを決めましょう。
ターゲットに合わせて、言いたいことを一文で言いましょう。


なぜそう思ったか、理由を3つ挙げましょう。

本文を引用しながら、文章にまとめてみましょう。(解答編で採用するのはこの部分です)


★☆★☆以下、ご協力をお願いします(空欄でもOK)★☆★☆

男性 女性
メールアドレス(または 所属 学年 都道府県)


最近読んだ本でお薦めは?


その他なんでも、出してほしい問題とか、ホームページへの意見とか、
オープニングとか、エンディングとか、
横山光輝さんへのメッセージとか。


→確認画面を出したくなければチェック。

第147回解答へ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る