投稿!おもしろ作文道場
〜第93回結果〜


みなさんこんにちは。
第93回は「呼び捨てがよい?」でした。
呼び捨てにした方が親しさを表すことができる」とする意見に反論するというもの。
どんな反論を試みてくださったんでしょうかっ ではどうぞぉ。

まず、yamakenさんはどうでしょう。

呼んで捨ててしまうから。
大事なものを捨てては遺憾。
なんちゃって。

(本当は → 愛称で呼び合うのが親しみがあるのでは。相手が嫌がるものは、だめだと思います。)

つぎ、shivさんいかが?

例えば、童謡の「さっちゃん」ありますよね?
これに出てくる「さっちゃん」を呼び捨てにすると、「さっ」。
さて、どうしましょう。
「っ」は前の音を短く切って1テンポ置いた後、後ろの音を続けます。
ですが、これは後ろの音がありません。
前の音を如何に短く切るかによって表現するしかありません。
日常会話の中で、これ程気合の要る発音はありません。
allday腹式呼吸です。
それは困りますよね。

それに「水戸黄門」でお馴染みの「助さん、角さん」。
呼び捨てにすると「助、角」。
これじゃあ、いつか「飛車、角」になってしまいそうで私は夜も眠れません。
「遠山の金さん」なんか、モロですからね。

ついでに、呼び捨てってのは、呼んでおいて捨てちゃうんです。
要するに、呼んどいて無視するんです。
なんとなくそんな感じがするでしょう?
これじゃあノリツッコミのノリの所だけで終わっちゃいます。
それは殺生です。

(本当は → 呼び捨ての方が仲良さそうに感じるかも、と思います。声色にもよりますが・・・)

 後段、yamakenさんと意見が一致しましたね。
 さっちゃんはさちこですよ ホントはね。
 「さっ」というのは某柔道部のさようならの挨拶ですよ。

つぎ、KBS京都(仮称) さんです

 日本人の場合、呼び捨てだと命令されているイメージや人を見下すイメージが強いように思われます。
 ですから、友だち同士は呼び捨てではなく「○○君」とか「○○さん」でいいと思います。
 さらに、親しい友だちになるとニックネームで呼び合うのもいいでしょう。
 例えば山田太郎君(仮名)の場合だと「やまちゃん」とか「たろーちゃん」とか言うと親しみが湧くでしょう。
 しかし、「ヤマダ電機」だとか「ウルトラマンタロウ」などといったニックネームはよくありません。
 また、関西出身者だからといってニックネームを「大阪」と付けたり、
 眼鏡をかけた子に男だったら「ハカセ」とか女だったら「アラレちゃん」などといったニックネームもあまり宜しくありません。
 あと、悪いニックネームの例だと田村亮子の「YAWARAちゃん」などがあります。

(本当は→呼び捨てはいや。あと、下の名前で呼ばれるのも照れくさいときもある。)

 ニックネームのことまでは聞いてませんが、まぁおもしろかったので許そう。

その次は宇宙エッセイスト協会会長さんです。

私は根がケチで、捨てるより拾うほうが好きです・・・というのが根源的な理由でしょうが呼び捨てにしないほうを選びます。
そして、その上に立ってさらにちゃっかりした性格から、呼び捨てでないほうが何かと便利・得であると考えます。
たとえば、「のぞみ」という友人を呼ぶ場合。
「のぞみちゃんかわいいね」とちゃん付けすれば、何かご馳走してもらえる。
「のぞみ様、お願い」と、様付けすればお金を貸してもらえる。
「のぞみくんちょっと・・・」といえばコピーをとってもらえる。
そして、とっておきのとき
「のぞみ!」と呼び捨てにすれば、威張れる。

(本当は → 人それぞれ)

 あなたにとってのぞみさんは、ホントに友人なンでしょうか?
 私にとってのぞみは新幹線ですね。田中耕一さんが「初めてのぞみ800系に乗れて嬉しかった」と言ってましたが。

本日の最後は水上攝提さんです。

私が知る、とある地上の楽園国家では、
国家元首は、「将軍様」、「首領様」と呼ばれ、
すべての国民に親しまれています。
その親しみ度合いは、わが研究所の調査によると、
呼び捨て時の2京倍です!

(本当は → 時と場合によると思います)

 私にとって将軍様は、足利義満さんで十分です(とトボけておきます)

 週刊金曜日へのメッセージはいっぱいいただきましたが、どれも危なくて載せられない。私だけでこっそり楽しんでおきます…
と思ったけれど、一人紹介しておきます。KBS京都(仮称)さん

週刊金曜日へのメッセージ
「週刊金曜日」の「曜」の字を「正」に変えるべきでは?


それにしても私、この雑誌の名前を初めて知ったのは10年ほど前です。写真家ケビンカーター(故人)の「ハゲワシと少女」が掲載されていました。
欽ちゃんが昔TBSでやっていた番組かと思いました。公開録画を見に行ったこともあったものでねぇ。

第94回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る