投稿!おもしろ作文道場
〜第92回結果〜


 みなさんこんにちは。

 来年から始まる短歌コーナーの前哨戦として、「プレ31道場」を仕掛けました。
 では早速参りましょう。

【課題部門】

 今回の課題は「霜」でしたが、「子どもにも親しみやすいものを!」という意見をいくつもいただきました。
・子供向けですか?だったら、子どもの視点が活かせる題詠がいいと思います。(桔梗さん)
・子供でも見れるように子供の興味をそそる課題がいいと思います。たとえば食べ物とか、学校に関係のあるものなどです。(むすめさん)

 確かにそういう課題も考えていきますが、子ども向けに限定したコーナーではありません。どんどんやっていく中で、いろんな課題を考えていきます。
 プロアマ老若男女問わず、ぜひ詠んでくださいねぃ。
 そして先生の方、ぜひ生徒の皆さんにも詠んでいただきましょう。それをまとめて投稿していただけると嬉しいですな。
 もちろん、生徒のプライバシーには十分配慮したいと思いますので、ペンネーム考えてもらうのがいいですね。

(コンビニのアイスケースを詠んだ歌)
瓶底で汗をかきかき打ちつけるそうでもせぬと取れぬ霜かな

サーティワンと来ればアイス…ってワケでもないのですがアイスが入ってる霜。
実際ビール瓶底でガンガン打つと霜が取れやすいらしく(コ○ス○ア本部の人談)、
それを聞いた店長婦人が
「うわぁ、これ、ぜんぜん取れんかったんだよ〜!凄い凄いっ♪」と
すごい嬉しそうにガンガンやってたのを思い出しました。
当時バイトしていた私は、ストレス発散も出来そうでいいなぁ、
やりたいなぁ、と思いつつ、見ていた覚えがありますです。霜ですが夏の日でした。


おひさしぶりです〜。サイトはちょくちょくお邪魔してるんですが、投稿の機会を逃し逃し…。
「も少し考えてあとで投稿しよう〜」とかってちょいアカンですね(と以前にも書いたような気が(^^;))
そんなわけで今回は思いつくままに。浅くてスミマセヌ。

                    (あいち県・うしょさん)

(食の季節ですね)
食べ過ぎて私の腹にも降る霜がお湯で溶かせりゃどんなに良いか
                           (風呂に入れど減らぬ体重)

(車通勤の朝←窓の熱線より熱湯が有効だと、実践中の友人から聞いた事がありまして)
霜が降り「行ってきます」とゆく父の 左手に鞄 右手にやかん

(大清掃?)
霜焼けの指にも白い息を吐き 窓に開くは冬の紅葉

頭ひねってきました。多少は良くなったかなぁ、と思いたいんですが。うーん。
                    (以上 あいち県・うしょ(2はつめ)さん)


霜ネタを
森田さんが
言っていた
そんな彼は
気象予報士
                    (ぷりぷり県・KBS京都(仮称)さん)



霜月の 17日は 文化祭
島に伝わる 伝説の劇
                    (山口県・仁志が8さん)



上京後 見なくなりし 霜柱 見えないはずよ 土すら見えず
                    (江戸・水上攝提さん)


【自由部門】

(可愛いんだけどやりきれない)
チョコエッグ ビーグル欲しさに買い続け たまりゆくのは 要らぬ犬猫

近況です。あぁ。そうこうしてるうちにチョコエッグ「ペット特集」も終わるっぽいし。
でも「マンクス」というポテッとした猫は可愛いと思いました。
3匹くらい出て(うち2匹同種同色)流石に愛というか運命を感じまして。
それにしてもコレ狂歌ですな。いやはや。

                    (あいち県・うしょさん)


「好きだよ」があいさつ代わりになるころは色あせている未来予想図
返歌
さあ描こう僕らの未来百色の蛍光ペンで千年かけて


中学生によく短歌を作らせているので、このコーナーに興味しんしんです。

                    (島根県・桔梗さん)


ともだちは けんかしてても あそんでしまい やっときづいて 元の仲良し 
左手に けがをしながら ほった版画 刷り上ったら はんたいだった
                    (以上 長崎県・むすめさん)



 「弟よ モルゴンじゃない モンゴルだ」
 読み間違えて 照れる弟

 移籍する 坪井選手を 見送って
 ため息をつく 親子がここに
                    (以上 山口県・仁志が8さん)



朝早く 夜遅かりし 宮勤め 短歌をひねる 余裕すらなし
余裕すらなしって言っていながら、詠んでるじゃんね。

                    (江戸・水上摂提さん)



【mesiya選 今週のピ歌いち】

 霜焼けの指にも白い息を吐き 窓に開くは冬の紅葉
                    (あいち県・うしょ(2はつめ)さん)

> 頭ひねってきました。多少は良くなったかなぁ、と思いたいんですが。うーん。

この、頭をひねるすなわちトライする気持ちが大切ですね。
この「窓」から下句の切り取られた空間に広がる紅葉のうつくしさが際立ってあざやかさを増してきます。


【松田選 今週のびっくりどっきり短歌】

霜ネタを
森田さんが
言っていた
そんな彼は
気象予報士
                    (ぷりぷり県・KBS京都(仮称)さん)


霜ネタなのか下ネタなのか微妙でしたが(森田さんだし)、天気予報には霜の話もつきもの、ということでどっちも取れる。
う〜む、うまいなぁ。と思いました。TBSは森田さん・小林アナの2トップ気象予報士で天気予報がんばるようだ。

【選者自作】

【mesiya】
課題作
霜月の風吹きつけるたびごとに遠くかがやく夜空のSTELLA

自由作
先生の瞳をじっとのぞきこみショートカットの私をさがす

【松田】
課題作
霜降りの牛が肉屋に並んでる 君らホントはどこの出身?
自由作
人間の神秘の成長プログラム 歯の生え初めし我が子に見ゆる

第93回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る