投稿!おもしろ作文道場
〜第90回結果〜


みなさんこんにちは。
第90回は「三題噺」でした。冷蔵庫・カーテン・体重計という3つの言葉を使って、作文するというもの。

はじめは、mesiyaさん。

学校の保健室といえば、冷蔵庫があっていろんな物が入っていましたねえ。
カーテンのむこうにベッドがあっていつも誰かが寝ていたし,その脇には体重計
身長計とセットでした。いつもコーヒーの香り。ゆたかな微笑みの森本先生が「しんちゃん
どうしたね。」それが好きでよく保健係に手を挙げたものでした。
時々お客さんが来ていて、私たちがいくと、話を止めて、「これが、県1位(健康優良児)。」
と自慢をされていました。けがをした友達を連れて行って先生がいらっしゃらないときは
簡単な手当てを自分でしてあげられることがなんともいえない気持ちになったりしましたね。
ーーー心に残る名指導保健室より1部抜粋ーーーー


ぬぁるほど。この3つが共通して置いてあるところといえば、保健室が筆頭でしたね。
よくできました。

つぎ。KBS京都(仮称)さん。

 少年はごく普通の高校生。今日は両親が温泉に出かけてお留守番。一人なので好きなテレビ番組を見放題である。
 夕飯は冷蔵庫には母親が作ってくれたハンバーグがあった。それはまるで冷蔵庫の中で凍りかけた愛のようだった。しかし、少年は電子レンジであっためて空腹の胃袋にまるでキャットフードを与えた飼い猫みたいに無心に食べていた。しかし、彼の胃袋の空腹を満たすことは無かった。仕方なく少年は近所のスーパーに行き、夕方で半額になった幕の内弁当と甘いお菓子、それに果汁100パーセントのジュースを買ってきた。家に戻りそれらを全部食べると急に眠くなった。少年は寝る前の日課である菜の花体操を実行し、シャワーを浴びて体重計で体重をチェックして就寝した。
 余談だが、彼はバンド少年で同級生で結成したパンクバンド「カーテン」のギターを担当している。


「カーテン」ちょっと苦しいですが、よくまとめました。

つぎは、セメント男さんです。

けいちゃんはくいしんぼう。とにかく何でもよく食べる。
いつもお腹をへらしているので、怪力の彼は冷蔵庫を背中に背負って歩いてる。
よく食べるのはいいんだけど、そのくせ体重が気になるらしく、いつも体重計を頭に乗せて歩いてる。
しかしそんなやつを町で見かけたらみんなびっくりするだろうからか、ふだん彼はカーテンを身にまとい、冷蔵庫と体重計を隠して歩いているのであった。

おーい そんなやついたら怖いよ。

最後は、宇宙エッセイスト協会会長さんです。

レイちゃんの日記

わたし、子象のレイちゃん。ママとパパがこんな名前付けちゃったから、「冷蔵庫」なんて呼ばれちゃってちょっと悲しい。
昨日、近所の幼稚園からわたしに「お洋服をプレゼント」って言われて楽しみにしてたら、いらなくなったカーテンだったの。これもちょっと悲しい。
それで、今日は体重測定なんだけど、体重計1つじゃ壊れちゃうって言われて、足一つに一つ体重計使うんだって。乙女なのに・・・・・。このりんご一つ食べるのよそうかな。
なんだか悲しい日記になっちゃった。
明日の日記には楽しいこと書こっと。


「レイ子象」でもいいような気がする。


みなさん、おもろいのをありがとうございました。

第91回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る