投稿!おもしろ作文道場
〜第75回結果〜


みなさんこんにちは。第75回は「Q&A作文 19」でした。
今回、28名の応募がありました。団体が2つです。
うち1つの団体の引率の先生からのお便りを紹介します。
 現在,本校では「朝の10分学習」を行なっておりまして,10分でできる作文にこのページがふさわしいと考え今も取り組んでいます。生徒たちも気軽にできて前回のように採用されることを楽しみにしております。
 作文嫌いの生徒が多いのですが,意欲付けとして十分な成果を発揮しており,これからも活用させていただきますので今後もよろしくお願いいたします。

 どうもありがとうございます。ところで先生、私からのお便り届きましたか?お返事はまだですが、返事次第で記述の変更もありです。
 というわけで、朝の10分間学習にも役立つ「おもしろ作文道場」、ぜひ2学期から、他の学校でも取り組んでみてはいかが?

 さて、問題を振り返っておきましょう。
Q1:1975年にテレビで放送された、「ネロ」が主人公のアニメーションといえば何?
Q2:10年ほど前、山形では突然「笑っていいとも!」が見られなくなりました。なぜ?
Q3:このホームページに設置した「スレッド式掲示板」の活用方法を考えてください。

 今回、Q2の解答がかなり笑えた。逆にQ3にはあまり来ませんでした。みなさん、掲示板を活用してね。
 ということでここではQ1とQ2について解答していきます。Q3は「ほっとく」「画面に向かって叫ぶ」「子供向け2ちゃんねるにする」などいただきました。ありがとう。

Q1:1975年にテレビで放送された、「ネロ」が主人公のアニメーションといえば何?
・生まれていないけど、たぶん、一度位はみたかもしれない「フランダースの犬」??????(ペンギン小僧さん)
 ピンポン正解です。うちの地域では、いま再放送やってるんだわこれが。しかもハイジの後番組。
 その次はマルコがくるか、意表をついてまる子がくるか。

・昔,いすゞで作っていた自動車「ピアッツア ネロ」が人工知能をもっており,それを運転する男と,ともに悪の犯罪組織と戦う。自動車は古くさいが,近未来的なアニメで一躍大ヒット!!しかし,自動車の売れ行き低迷とともに視聴率も下がり,打ち切りとなった。
(和裕(xenopus)さん)

 マッハGO!GO!GO! じゃないんだからよう。

・三十路(名無し県知事失職さん)
 なんだか笑える。

・「ファイヤーダンスの犬」(火吹きトカゲさん)
・「「フランケンシュタインのネコ」(さかな・さかな・さかな〜♪さん)

・「暴君ネロ」(水上摂提さん)
 なんだかこわい。

・「地平線のかなた」by谷川俊太郎(うしょさん)
 混声合唱組曲のタイトル(作曲:木下牧子)です。5曲目に「ネロ」があります(詩の中では「ネロ」が犬です)。
 すごくすてきな歌ですよ。大好きだったりします…なので、パトラッシュ以外これしか浮かびませんでした…

 解説をありがとう。この解説がないと何のことかわかんないじょ。

Q2:10年ほど前、山形では突然「笑っていいとも!」が見られなくなりました。なぜ?
 多かったのが、「山形ではこの時期何らかの事情で笑えなくなった」というもの。
 米の大不作に陥ったり、多くの方が亡くなったり、「笑わないんだ病」にかかってしまったり。
 山形県のみなさんごめんなさいね。シャレで済まなくなってこのコーナーが見られなくなっても困りますので、この程度の紹介にとどめておきませう。その中でも一人。
・県民全員でにらめっこ大会を開催したから!(夏野雪だるまさん)
 これ、ほほえましくてよかったです。

 次に多かったのが、タモリさんの身に何かが起こった(or 何かをやらかした)というもの。ボコボコになったり、アゴがはずれたり、さくらんぼを食い逃げしたりしていました。タモリさんごめんなさいね。
・放送中にタモリさんのカツラが吹っ飛んでしまい,内気な人の多い山形では10年前に放送をやめました。(モッチー大野さん)
・タモリさんが,プライベートな旅行で山形を訪れたとき,様々な観光地へ行ったのだが,そのいく先々でタモさん必須の「ズラ」が,強風で飛ばされ,一番見られたくなかった姿を大勢の人達に見られたため,もう山形の人達には自分を見て欲しくない,というタモさんの強い要望により。(ちょっと太めさん)
 偶然ヅラネタ2連発でした。
 別に山形、内気な人が多いわけではないと思う。おおらかな人が多い県民性だとは思うけれども。
 わたし授業づくりネットワークの全国大会で山形に行ったとき、ちょうどメガネがこわれてメガネ屋さんに直しに行ったら、
 メガネ屋のおじさんがそのように自慢していたから間違いない。

・表向きは山形テレビがフジテレビのネット局からテレビ朝日に乗り換えたからだと言われているが、本当のところは「テレフォンショッキング」のコーナーでゲストだった山形県出身のケーシー高峰が放送禁止用語を連発して山形テレビの幹部が激怒して「笑っていいとも!」を打ち切ったという説が有力である。(KBS京都(仮称)さん)
 …ていうか、そういうことが仮にあった場合、フジテレビの方が山形テレビとの契約を打ち切る方が自然だと思うが。
 山形でしか通用しない放送禁止用語だったのかしら?

・そのころ山形には東京からの文化がぞくぞくと入り込み,地元の伝統が薄らいできていた。そこで,まず手始めに東京からの電波をシャットアウトし,山形独自の番組を作ることにした。「笑っていいとも」にかわるその番組は「笑ってええとも」。しかし,あまりにもその番組は不人気で,視聴者からの抗議電話が殺到。あえなく半年後には「笑っていいとも」が復活した。(和裕(xenopus)さん)
 …「鉄腕DASH」に対抗して(?)千葉で作った「鉄骨DASH」みたいだ。

・山形県だけ お昼休みが 無くなったから(趙子龍さん)
 これは、オープニングテーマに由来するのね。水上摂提さんからも同じ解答いただきました。

・山形ではちょうどさくらんぼの木のせんていの時期で,あちこちで作業がされていたそうです。ところが,電線があまりにも木の枝に似ていたので,あるおじいさんがプツリと切ってしまったそうです。(沙也加さん)
・山形では10年前,大型の台風に襲われました。それを楽しんでいたイタズラ好きな男の子が,台風のせいにしようとしてテレビの配線を切ってしまいました。だから見れなくなった。でもそれはばれてしまいました。(このみさん)

 電線切れたぜ2連発ですね。過失と故意とがありますけど。

 というわけで、正解はKBS京都(仮称)さんの解答の中にもあるように、1992年山形テレビが突然フジ系からテレ朝系にネットチェンジしたというものです。その理由はテレ朝に買収されたからという噂もありますし、経営難でフジの番組を買えなくなったからという噂もありますが、本当のところは私はわかりません。ただ、その4年後にさくらんぼテレビが開局し、再び「いいとも」見られることになるのですけれども。

第76回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る