投稿!おもしろ作文道場
〜第59回結果〜


みなさんこんにちは。第59回は「書き出し指定作文 3」でした。
「昨日、水族館に行ったら、『おさかな天国』のイベントをやっていた」
この続きを考えるという出題でした。それではいきましょう。

まずはじめはけいこさん(初登場)です。実名でいただきましたが、個人情報を守る当サイトとしては下の名前だけ
ご紹介します。次回の投稿の時に、実名で紹介してよいのか、ペンネームでいくのかをお書き添えください。

おさかなさんは、私に「お−い、其処を歩いているおねえちャん、綱渡りでもやらない?」と呼びかけた。
「んじゃ、やらなきゃ女がすたるわ」と思いながら、おさかなさん達に「綱渡り」の妙技を見ていた。
あら、すごいわ。おさかなさん達は、軽々と「綱渡り」をしているではないか。
「今度はおねえちゃんの番やだ」
私は、覚束ない足取りで綱の上を歩く。
 下を、そっと見ると奈落の底。落ちれば、そのままお陀仏だ。
私は下を見ないように歩く。歩いては綱を確かめつ、あと、10Mのところで奈落の底に私は落ちた。
 気が付くとベットから落ちていた。夢であった。「ああ、痛い。」頭から落ちたらしい。
それ以来、おさかなを食べる度に「あさかなさんの綱渡り」を思い出しては苦笑する日々が続いている。
 それにしても、あの「おさかなさん達は、変な関西弁」を喋っていた。
あの、おさかなさん達は、関西出身だったのだろうか。


綱渡りとは、ちょう意外な展開になりましたね。
本人からのコメントつきです。
初めてだけど、作文の力がつくと思います。これからも、宜しくお願い致します。
ありがとう。これからもよろしくね。

次は夜羽さんです。

俺は疑問に思った。
この疑問だけはどうしても解決できそうにない。
気がつけば叫んでいた。
「・・・水族館のくせに魚を食ってええんかいっ?!」


はい、私の気持ちに一番ちかい解答ありがとう。

その次は、飯家子持さんです。

さかなのぼうしをかぶった小さなこどもがよちよち歩いているなー
と思ってよく見たらなんと!
ぺんぎんがお魚のぼうしをかぶせられて1列にならんでおどっていたのであった。


かわいいですね。
松田先生。春休みですね。お元気ですか?
春休みの教員にはお休みはあらへんにゃあ。
うちの学校、9人出て行って8人はいってくるので引っ越しの手伝いが大変だし、
わたくし4月から1年生を担任することになりましたのでぇ。

最後は、KBS京都(仮称)さんです。

イベントでは、どっかの水産大学の教授が魚とDHAの話にはじまり、サメ軟骨の効能、
さらにはカニの貝殻からとれる成分の研究についてやカキエキスの体験談、
さらにはシジミが二日酔いに効くといった豆知識などを披露していました。


だからね、「魚を食べると頭が良くなる」というのはDHA(ドコサヘキサエン酸)の作用なんですよ。
KBS京都(仮称)さんからいただいたキヨさんへのメッセージは
「長渕剛と仲がいいのは反松井派だからですか?」
そうきたか。清美さんを想定していたんだけど、まぁいいでしょう。

ということで、今回はここまで。次回もよろしう。

第60回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る