投稿!おもしろ作文道場
〜第16回結果〜


 第16回は、「もしも総理大臣になったら」でした。
 もしも総理大臣になったら、どんな政策をぶちあげますか?

第16回出題時のページはこちら。

 それでは、解答編をどうぞ!

〜解答編〜

H.Iさんの作品

もしもわたしが総理大臣になったら、次のことをしてみたい。
政策:『子供へお年玉は必ず10000円にする』という法律を作る。
プラン:
このごろ子供はお金がありません。
なので、子供のお年玉は必ず10000円にするという法律を作る。
もし、やぶった場合は10000000円を銀行に支払う。
10000円がない家庭の場合は、子供の希望商品を買う
というのを守って頂く。

つぎのコメントいただきました。

やっぱり、子供が書いたものは駄目ですねー
こうゆうもの(↑)しかかけません。
でも、本当にこんな総理大臣がいたらいいと思っています。
大人は困るでしょうけど・・・・・(H,Iは11歳、小5です)


 確かに、こんな政策が実行されたら大人は困るぞ。
 Hさん本人、自分でダメを出してますが、私は面白いと思いましたよ。自信をもっていいです。
 やはり、やわらかい頭で発想するということが、大事ですねえ。
 ただし、1001人の子供にお年玉をあげなきゃならない場合は、10010000円を使わなければならないわけで、
 それだったら10000000円を銀行に支払った方がよい、という考え方もある。
 え?銀行に払うのは子供1人あたり10000000円だ?それならわかる。

 ところで、T−HとかH.Iとか、ややこしいので、個性的なペンネームつけていただくと、こちらとしてはうれしいです。

名無しさんの作品(後からでも名乗ってもらうと、書き直してアップしますよ)

もしもぼくが総理大臣になったら、つぎのことをしてみたい。
政策:勉強をなくし、世の中遊び放題にする。<子供は仕事>笑
プラン:
もしこどもがあそんでるのを見つけたら発見者に1000えんのほうびをとらせる。
大人が仕事したら大人の給料を減らす。なくす。
大人はあそんでるだけで給料がもらえる。
もし子供があそんでるのに報告しなかったらブァム島に送られる。
ただ私の支持率は0、01パーセントです。

 子どもは仕事しなければならない、大人は遊んでいないと給料が出ない、という、ユニセフから怒られそうなネタをありがとう。
 ブァム島で何をするのかな?強制労働でしょうか?それともどろんこクイズ?
 ただしこの政策、勉強する人が世の中にいなくなっちゃうわけで、このホームページもなくなってしまわないか?それは困るぞ。
 1000円もらっても、10000円子どもにあげなきゃならないからなあ…。あ、それは別のネタだった。

らんらんばすけっとさんの作品

もしもわたしが総理大臣になったら、つぎのことをしてみたい。
政策:学校をなくす
プラン:
平成14年3月31日をもって、現在の小・中・高校を全て廃止する。
学校で勤めていた先生たちは、塾や予備校の雇われ教員となる。
平成14年4月1日から子どもたちは、勉強を塾や予備校からのインターネットによって学ぶ。
体育や集団生活などは、自衛隊へ体験入隊することによって学ぶ。
子どもたちは「自由研究」として、自分が興味を持ったことを専門的に勉強できる。
勉強したことを単位として認定するのは文部科学省。

 はい、教職員組合からも文部科学省からも怒られそうな意見、ありがとう。
 なんとも過激なプランですねえ。特に自衛隊のところ。
 しかし、怖い物見たさで実現してみたいような気もしますが…。

「おもしろ作文道場」第17回投稿フォームはこちら!

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る