投稿!おもしろ作文道場
〜第147回結果〜


みなさんこんにちは。
第147回は『読書感想文』を書こう!」でした。
お題、ちょっと難しかったですねえ、締め切りを延ばしましたが2名しかこなかったです。
でも行きましょう。

最初は、鮭茶漬けさん。

本の題名 = かぐや姫
ターゲット = 登場人物への批判
言いたいこと = かぐや姫は悪女orひどい!

 私はかぐや姫はひどいうえに悪女だと思います。

 理由は3つです。
 1つめ、かぐや姫は、竹から出てきて『かわいい』というだけで育てられましたが、これは明らかにお爺さんを誘惑している行為だと思います。
 月の姫が竹に入っているなど、ありえませんからね・・・
 もう、稼ぎに出られる歳でもないのに、娘一人分の食費を出させるとはひどすぎます。

 2つめ、かぐや姫は、何人も結婚したいというのに、みんなに不可能な命令をだして、期待感を持たせている悪女です。
 そのうえ、何人かの人は、死亡しています。
 これはあきらかに殺人とも言える行為でしょう。
 3つめ、そんなかぐや姫は、最終的に、月に帰ってしまいますが、よく考えてみたら、帝に不老不死の薬を上げただけで、おじいさんらには、なんにも恩返しをしていないような気がします。
 それに、人間に対して、月の使者の力とは卑怯すぎます。
 しかも、それをとめられないなど、姫として失格そのものです。
 ひどすぎます。
 せめて食費分の恩返しはするべきです

 以上のことから、私はかぐや姫を悪女・ひどいと断定します。

 そうか、かぐや姫はおじいさんをたぶらかし、帝に取り入り、男たちをたぶらかしたひどい奴だったか。
 言えるかも知れない。

次は、 KBS京都(仮称)さんです。

本の題名 = 浦島太郎
ターゲット = 物語から学んだこと
言いたいこと = 時代に取り残されてはいけない。

 「浦島太郎」を読んで
 私は「浦島太郎」という作品を読んで時代に取り残されてはいけないことを痛烈に感じました。理由は3つです
 1つめ、浦島太郎は時を忘れて快楽に目をくらんで失敗したからである。彼は竜宮城で酒池肉林を味わう為に無駄に時間を過ごしてしまった。そんな時間があるなら仕事をすべきである。
 2つめ、浦島太郎は乙姫の忠言を聞かずに失敗したからである。玉手箱を明けてしまって年老いてしまったのは自業自得であろう。
 3つめ、彼は結局、竜宮城で過ごした為に情報を得ることができなかったので時代のスピードについていけなかった会社と同じような状態になってしまった。彼みたいに時代の流れについていかないとダメであるということをこの物語では読み取ることができるだろう。
 以上のことから「浦島太郎」を読んで、時代に取り残されないようにしないといけないと感じました。会社や政治家、それに芸能人で浦島太郎みたいな連中は多いですね。


 最後の風刺がピリリと効いている。
 みなさん、7月11日は参院選ですよ。
 さて、そんなKBS京都(仮称)さんから、横山光輝さんへのメッセージをいただいています。

 横山光輝さんへのメッセージ
 昭和を代表する漫画家、横山光輝先生のご冥福をお祈り致します。それにしても、世間の評価が低すぎる!!「鉄人28号」から「三国志」まで、常に第一線で活躍された先生の評価は手塚治虫氏などのトキワ荘系漫画家と比べて低いと言わざるを得ません。


というわけで次回、またよろしくお願いします。

第147回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る