投稿!おもしろ作文道場
〜第142回結果〜


みなさんこんにちは。
第142回は「書き出し指定作文 6」でした。
「今日の昼下がり、繁華街を歩いていると突然、一枚の畳が飛んできた!」
NHK「おかあさんといっしょ」に出てくる「イチジョウマン」(佐藤弘道)がモチーフです。
この続きを考えるという今回のお題。
では早速行きましょう。

まずは、KBS京都(仮称)さん。好きな人形劇は三国志。

 今日の昼下がり、繁華街を歩いていると突然、一枚の畳が飛んできた!
 この空飛ぶ畳は私のところまで近づくと
「ちょっと旅行に行きませんか?」
と誘ってきました。
 私は
「とりあえずハワイまでお願いします。」
と言いました。
 すると、空飛ぶ畳が
「パスポート持っていないから不法入国で捕まるよ。」
と言いました。
 仕方ないので私は
「沖縄までお願いします。」
と言いました。
 空飛ぶ畳は時速119キロで沖縄まで飛んでいきました。
 しかし、流石にこの時期(1月)だから観光客も少なく、ちょっと肌寒い感じでした。
 とりあえずシーサーの置物を買って帰りました。
 そして、この空飛ぶ畳は
「楽しかったから今度は海外旅行に行きましょう!!」
と言いました。連絡先を聞き出して
「次会うときはパスポート持って飛んでイスタンブールに行きましょう!!」
と言いました。
ちなみに、この畳の名前は「マチコ」と言いました。


飛んでイスタンブールは庄野真代だったと思うが?

次は、水上攝提さん。 やはり三国志。「紳竜がコンビで出ているのが珍しい気がした」のだそうです。

 今日の昼下がり、繁華街を歩いていると突然、一枚の畳が飛んできた!
 それもそのはず、ボクが手おならで反応して持ち主のところに来るマイカー、「タタミー」を呼んだからさ。
 何せ、ボクはムハンマドと孫(悟空)家の血を引く生粋の江戸っ子だから、
 こういう乗り物の操縦には長けているんだ。
 「タタミー」と、出会ったのは、日光街道沿いのガリバー梅島店、
 店頭でキミは「5.6万円」のプライスボードとともに、
 淋しそうにボクを見つめていたね。
 1時間後、キミはボクのものになっていた。
 ボクはキミが淋しそうにしてたから、キミを買ったんじゃない。
 オヤジの「東京ぼん太モデルの空飛ぶ唐草模様のフロシキ」に飽きたからさ。
 でも、キミの乗り心地、風を切る爽快感、い草の臭い、
 本当に、いい買い物をしたと思っている。
 いつまでも、頼むぜ!相棒!


 そんな不思議なタタミーがほしい。

なお、神田山陽さんへのメッセージがあります。

お笑いで「北陽」ってのがいるって聞いたから、てっきり、アナタのことかと思ったら、
その「北陽」とやらは、女性らしく、
アナタも、紅・紫・陽子・茜らを差し置いて、山陽を継いだってじゃないの?
あたしゃ、ビックリだよぅ。


実は私もほとんど同じ事を考えていました。よっ三代目!ちなみに山陽の公式?HPはこちら
最近、牛のかっこして牛乳のCMに出てるのをよく見かけます。

今回の最後は鮭茶漬けさんです。好きな人形劇は
「こないだ近所のビデオ屋にあった、親指タイタニック?(名前間違ってるかもです)(笑)」だそうです。
これ、俺もしってる!

 今日の昼下がり、繁華街を歩いていると突然、一枚の畳が飛んできた!
 その畳クラッシュをまともに受けた主人公は、ある娘に拾われ畳の上で看護された。
 それからというもの、主人公は畳虫病に悩まされ、毎日畳の上をのたうち回っていた。
 そんな主人公を、ある娘は、コンクリートを使い止めた。
 畳VSコンクリート。二人は幸せに、そしてかかあ天下な家族として幸せに暮らしました。


 ハッピィエンドでよかったよかった。まさか頭を直撃するとは思わなんだからびっくりしたけど。
 ではまた次回!

第143回出題ページへ

「おもしろ作文道場」メニューへ


戻る ホームに戻る