短歌コーナー 31道場
〜第23回 結果〜


今回、文字装飾しません。
3月からはブログで発表します。
ブログの発表では文字装飾でなくなる予定ですので、
すみませんがみなさん、この形式に慣れてくださるようお願いしまする。
☆はmeshiyaさん言。

【課題部門−とり】

ねぶた(青森県)
 むつまじき小鳥のつがい眺めつつ自分の未来に思いを馳せる
☆まさに「おしどり夫婦」新春スタートにふさわしい1首。

夢野華(三重県)
 空を飛ぶかわりに海を飛ぶように泳ぎたるかなペンギンの群れ
☆海の空を飛んでるように泳ぎゆくペンギンの群れ。

シーサー(沖縄県)
 大鷲が羽を広げて自己顕示 俺にもそんな勇気がほしい
☆なるほど、殿方らしい発想ですね。

セメント男(北海道富良野)
 鳥せいが好きなんだけどお遣いはまたもケンタのドライブスルー
☆3回に1回はお父さんの希望も取り入れてみてはいかが?
 子どもも意外と好きだったりして。

びわ子(滋賀県)
 滋賀県の鳥といったらかいつぶり でも鳥人間がよく知られてる

ぐりとぐら(山口県)
 うつくしい扇子のような紅孔雀だれの心を射止めたきかな
☆それは、もしかすると。。。

ストラテジー(千葉県)
くるくるとねじまき鳥はきょうもまた
        Soul一つで首都高駆ける

【自由部門】

ねぶた(青森県)
 朝起きて星占いをチェックする
          恋愛運に一喜一憂
☆うーん。人ごとではなかったね。。

シーサー(沖縄県)
 年あけた木曽路は夏でも寒いけどおいらの村は冬も暖か
☆常夏にあこがれて

とろーる(広島県)
あらそれは、お母さんのくつしたよ父さん
       一日会社ではけり

KANA(大分県)
厳寒の風に洗いたてのこころなびかせて
       その時をまつ青い青い空に

ぱーとタイムラバー
向き合えばあの日の鼓動がよみがえる
       「ライ麦畑でつかまえて」より

セメント男(北海道富良野)
 〜授業づくりネットワーク北海道2005in帯広を詠む
 ぼこぼこのワークショップになっちゃった いつかリベンジするぞと誓う
☆教育界のオリンピック。参加スピリッツに大きな意味が。

夢野華(三重県)
 奥深く心の核のそのあたり優しき君の言葉が溶ける
☆あたたかい温度がじんわりと

びわ子(滋賀県)
 友だちが恋のアドバイスをくれた あなたもかなり苦労したんだ
☆こころのドレープ。その数だけやさしさがあるかも。

ピロチ(★#県)
 〜パクリ承知
 ヒロシです 俺のサドルがありません 手から草のにおいがします

【今週のピ歌イチ〜shinko】
ねぶた(青森県)
 むつまじき小鳥のつがい眺めつつ自分の未来に思いを馳せる

【今週のびっくりどっきり短歌〜まつだ】
びわ子(滋賀県)
 滋賀県の鳥といったらかいつぶり でも鳥人間がよく知られてる

【meshiya選者詠】

課題部門
澄みわたる街のまんなか切りわけて
         空へとむかうEAGLEの羽根

自由部門
青空を突き抜けるごと3本のPalm Treeが初春をゆらす

【まつだ選者詠】

課題部門
 鳥せいをネット検索してみたぞ これはうまそう食ってみたいぞ
自由部門
 教室にオールキャストがせいぞろいチャイムが第3ラウンド告げた

第24回出題へ