メールマガジン「実践!作文研究」
第85号(2001.9.16)


調べ学習に役立つ作文技術の情報誌
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第85号 2001年9月16日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。「実践!作文研究」第85号をお届けします。
 今回は、作文関連のメールマガジンの自己紹介をしていただきま

す。「21世紀実践作文教室」というメールマガジンが、9月10
日に創刊されました。「実践!作文研究」とは名前がかなり似てい
ますが、別のものです。名前はともかく、こういうマガジンが増え
ることは、作文教育の活性化につながっていくことですので、嬉し
いです。それでは、編集長・土橋さんによる、メールマガジンの自
己紹介をどうぞ。

         ◆     ◆     ◆

−−2.メルマガ自己紹介−−
        メールマガジン『21世紀実践作文教室』編集長
                         土橋 英光

============================================================
   メールマガジン『21世紀実践作文教室』について
============================================================

 「実践!作文研究」を購読しておられるみなさんこんにちは。

 「21世紀実践作文教室」というメールマガジンの編集を9月か
ら始めた土橋と申します。「実践!作文研究」の松田さんより原稿
のご依頼がありましたので、簡単に「作文教室」のスタッフや設立
の趣旨を紹介をさせていただきます。

 まずスタッフですが、スタッフをいうほどの人数ではありません。
発行責任者の梶原末廣と編集責任者の土橋英光の2名で始めました。

 梶原は現在鹿児島県にある私立の中高一貫校で国語の教師をして
います。今までに「中高教師用ニュースマガジン」や「鈴木敏恵の
未来教育インフォメーション」等のメールマガジンの編集・発行を
手がけています。さらにインターネットで結ばれた人々に呼びかけ、
毎年夏には、鹿児島県で「ここから見える未来教育in霧島」とい
うイベントを主催しています。

 次に私土橋ですが、私は今年の3月まで私立の中高一貫校で国語
の教師をしていました。大阪で7年、鹿児島で8年の計15年です。
そして現在は4月から神戸大学発達科学部で人間の発達に関するこ
とを学習しています。

 両名とも中高の教育現場での経験から、「今こそ教育改革」の思
いを強くしており、日本各地の先生方と情報交換をして上から押し
つけられる改革ではなく現場から変える草の根の改革を協働で行い
たいと考えています。

 そして今回その活動の一環として作文をテーマとしたメールマガ
ジン設立を思い立ちました。趣旨としては、まず一番に「自分の作
品の良い所を再発見してもらうこと」が挙げられます。自分の作品
など平凡過ぎるとか読んでもらうだけの価値はないとか、そのよう
な過度の謙遜によってしまい込まれた作品を気楽に発表してもらえ
るようなメルマガにしたいと思っています。このメルマガで、自信
と勇気をつけて、もっと教育その他に関して情報発信してくれる人
が増えていくようにしたいと願っているのです。

 ですから、寄せられた作品に関しての感想・批評は認める誉める
ことを大前提として編集していきます。もちろん、あそこを直せば
ここを直せばといういわゆる添削の実践例も時には示したいと思い
ますが、しかしよく学校で行われているような「角を矯めて牛を殺
す」式の指導は慎みたいと思います。

 「21世紀実践作文教室」は読者のみなさんに実践の機会を提供
し、作文すること、発表することの面白さを伝え、積極的に情報発
信する人を育てていくことを目標にしています。

 どうぞ、みなさん、ファイルにしまい込まれたあなたの力作をお
寄せください。あなたの気づかなかった作品の長所が見つかるかも
しれません。

◆関連ホームページ

「21世紀実践作文教室HP」
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/21sakubun/index.html

「中高教師用ニュースマガジンHP」
http://www.synapse.ne.jp/~kanoyu/sukaji/index.html

「鈴木敏恵の未来教育インフォメーションHP」
http://www.suzukitoshie.net/miraiinfo.html

         ◆     ◆     ◆

−−3.HP進化情報−−
 http://www.jugyo.jp/sakubun/

○「おもしろ作文道場」は、第32回「ラブレター作文 2」です。

−−4.編集後記−−

★次号予告
 09/23 No.86
 松田善啓「こうすればラジオでハガキが読まれる 4」

○このメールマガジンを知人に送って、購読をお薦めください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、本誌へ
 の感想をお待ちしています。
 本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。転載希望の方
 は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine/com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 ココデ・メール http://mail.cocode.ne.jp/ 0700300256
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.cplaza.ne.jp/ 851
 めるぼっくす http://www.merubox.com/ 00000162
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.85 2001/9/16  読者数2042
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究 2001
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第85号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ