メールマガジン「実践!作文研究」
第80号(2001.8.12)


調べ学習に役立つ作文技術の情報誌
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第80号 2001年8月12日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。「実践!作文研究」第80号をお届けします。
 夏休み特別企画として、リレー連載「総合的学習には見たこと作
文がよく似合う」が進行中です。今回は第4回。石川 晋さんの学
級によるポスト実践です。なお『授業づくりネットワーク総合的学
習21』7月17日号にも、石川さんの学級のポスト実践が掲載さ
れていますが、本誌に執筆された物とは切り口の異なる物となって
います。併せて読むと2度おいしいです。

 ※「授業づくりネットワーク総合的学習館」は、こちら。
  http://homepage2.nifty.com/dfujikawa/sougou.html

 それではポストにまつわる物語、どうぞお読みください。

         ◆     ◆     ◆

−−2.リレー連載
      「総合的学習には見たこと作文がよく似合う」−−

                       北海道・中学校
                          石川 晋

============================================================
     総合的学習には見たこと作文がよく似合う!
     その4 見たこと作文の追究法「中学校での実践」
============================================================

 4月、見たこと作文に挑戦することを生徒に告げた。中学校1年
生の国語の授業である。作文と言っただけで体を堅くしてしまう生
徒が何人もいた。一語でもいいこと、見たことを書けばそれでいい
ことを告げたが、表情が硬い。啓明もそうした一人である。
 啓明が最初に書いてきた作文は、次のようなものである。

┌────────────────────────────┐
|  母                    啓明   |
| 4/17                       |
| 今日、ぼくは母を見た。                |
└────────────────────────────┘

 『見たものが、短く、正確に書かれているところが、大変いいの
です。日付が入っているところもいい。』とほめた。しかし、内心
前途多難だなと思った。本当にこれが精一杯、という印象の生徒で
あった。

 さて、啓明の在籍する1年1組では、「ポスト」をめぐる作文が、
二回目の提出日に登場した。直美という子である。

┌────────────────────────────┐
| ポスト            直美  4/20    |
| 学校へ行く途中ポストを見た。よーく見ると、濃いオレンジ|
|色だった。赤だと思っていたのに…。           |
└────────────────────────────┘

 『「よーく見ると」という表現を使う、くわしく見ることができ
る。素晴らしいのだ。』とほめた。そして、『ポストがオレンジ色、
というのは本当なのか?』と学級の生徒を揺さぶった。オレンジ色
かオレンジ色ではないかの判断を迫ったのである。

 すると、次の回に、三人がポストネタで書いてきた。その中に、
啓明がいた。

┌────────────────────────────┐
| ポスト            啓明  4/25    |
| 今日、ポストを見た。やっぱり赤色で、四かくだった。  |
└────────────────────────────┘

 『「やっぱり」というところがいい。思ったとおりに、「赤だっ
た」という気持ちが伝わってくる。』とほめた。しかし、実は同時
にポストネタを書いてきた他の二人は、オレンジ色派だった。再び
今度は、『赤か非赤か』で、分布を取り、追究が進めるように働き
かけてみた。

 すると、次の回に、別な生徒が「朱色」だとする説に立つ作文を
持ってきた。そして、これをきっかけに、ポスト作文は「爆発」し
た。

 次々とポストに関して調べてきた作文が提出される。ポストの上
で作文を書いてくる生徒もいて、感動した。旅行先のポストを報告
してくれる生徒もいた。色だけでなく、形状や郵便の仕組みなどに
も話題が広がっていった。

 ところで、色については、赤ではなく、非赤(オレンジ色や朱色)
であるということで意見がまとまりつつあった。その中で、一人啓
明が頑固に「赤」を主張していた。

┌────────────────────────────┐
| ポスト            啓明          |
| 今日、ぼくは、ハンざわの前のポストを見た。じっとみつめ|
|ても、赤だった。                    |
└────────────────────────────┘

 『「じっとみつめても」というのが、観察の姿勢を表していて、
表現としてもグッド。場所が明示されているのがいい。』とほめた。
しかし、「じっとみつめて」いるだけでは、事態の好転は見られそ
うもない。さらに、啓明自身が、「朱色のポスト」を見てしまった
ことで、事態は決定的になった。

┌────────────────────────────┐
| ポスト            啓明  5/29    |
| またポストを見た。ぐうぜん朱色のポストを見てしまった。|
|ショックだった。でもようく見ると、はげたようだった。その|
|時、時間は、3時だった。                |
└────────────────────────────┘

 ここで、啓明の作文に大きな変化が出た。ナント郵便局のおじさ
んにインタビューを試みたのである。

┌────────────────────────────┐
| ゆうびんきょくのおじさん   啓明  6/6     |
| 今日、ぼくは、ポストを見た。ゆうびんきょくのおじさんが|
|中からでてきたので、しつもんをした。いままでのポストのこ|
|とをはなした。しゅ色は、しゅ色で、ポストをぬったんじゃな|
|いといわれた。しょっくだった。             |
|その時間は、7時であった。               |
└────────────────────────────┘

 さらに啓明は、ポストの数を数え、状態を正確に捉えようとした。

┌────────────────────────────┐
| ポスト            啓明          |
| 今日も、またまたポストを見た。そしてポストをさがした。|
|赤のポストをさがした。赤のポストは、5。しゅ色のポスト |
|が、2。でも、こんどは、しょっくをうけなかった。その時間|
|は8時だった。                     |
└────────────────────────────┘

 「こんどはしょっくをうけなかった」という部分に、大きな感動
を覚えた。自らのハテナを地道な観察によって追究し解決してきた
ことの自信、友人たちの意見に耳を傾ける潔さ。しかも、これは、
以前の作文を前提とした「ユーモア」である。

 確かにポストの色は「赤」だけではなかったが、そのことの追究
の過程で、啓明は、短期間に多くのことを身につけた。

 まず、調べ方としては、

┌────────────────────────────┐
|1.観察                        |
|2.対象へのインタビュー                |
└────────────────────────────┘

 次に書き方としては、

┌────────────────────────────┐
|1.「じっと」「よーく」「やっぱり」「またまた」などの副|
|  詞的表現                      |
|2.場所、時間、数量等の明示              |
|3.読者を意識したユーモア               |
└────────────────────────────┘

などである。

 最初のノート提出でわずか一行しか書けなかった啓明が、2ヶ月
経たないうちに、調べ学習の方法と結果を記述する方法とを身につ
けながら、的確な作文を書き、友達の注目を集める存在に変わった。

 見たこと作文は、一人ひとりの学習の力を下支えする。そしてそ
れと同時に、自らの意欲的な学びを原動力として、認識を広げ、学
びを豊かなものに変えていく。まさに「総合的な学習」そのものな
のである。

【今回の執筆者のプロフィールです】

 石川 晋(いしかわ しん)
 北海道・旭川市立嵐山中学校教諭
 所属団体 授業づくりネットワーク
      日本児童文学者協会会員
      全国の学校図書館に人を!の夢と運動をつなぐ情報交
      流紙「ぱっちわーく」発行同人
      メディアリテラシー教育研究会北海道支部代表

         ◆     ◆     ◆

−−3.ホームページ進化情報−−
http://www.jugyo.jp/sakubun/

○「運営者より」「リンク集」「おもしろ作文道場」更新しました。
○アクセス数が48000を突破しました。
○本誌がPubzineの優良誌に選ばれました。

         ◆     ◆     ◆

−−4.編集後記−−

☆次号予告
 リレー連載「総合的学習には見たこと作文がよく似合う」5
                  石井 淳(秋田・小学校)

○このメールマガジンを知人に送って、購読をお薦めください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、本誌へ
 の感想をお待ちしています。
 本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○無断転載をお断りします。転載希望の方は松田までご相談を。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine/com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 ココデ・メール http://mail.cocode.ne.jp/ 0700300256
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.cplaza.ne.jp/ 851
 めるぼっくす http://www.merubox.com/ 00000162
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.80 2001/8/12  読者数1987
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究 2001
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第80号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ