メールマガジン「実践!作文研究」
第44号(2000.11.26)


調べ学習に役立つ作文技術の情報誌
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第44号 2000年11月26日発行(毎週日曜日発行)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は「作文サミット2000」のご案内を掲載いたしました。
 今年の「作文サミット」には、私も参戦いたします。
 「調べ学習に役立つ作文技術」について、共に学びませんか?
 みなさんとの出会いを、お待ちしています。

 なお、上條晴夫さんの新著『総合的学習のための教育技術−調べ
学習のコツと作文的方法』を読んでくることが、作文サミットへの
参加の前提となります(当日、会場で販売もしています)。
 この本は、総合的学習の実践として、一章を見たこと作文に割い
ています。他にも様々な作文的方法が紹介されており、総合的学習
について考えていく上でも、必読書となると考えています。

         ◆     ◆     ◆

−−2.作文サミット2000のご案内−−
             教育サークル「実践レポート研究会」
                      事務局 池内 清

============================================================ 
作文サミット2000−総合的学習に役立つ作文技術の徹底研究−
============================================================ 

 昨年は「作文サミット99」を実施しました。今年は「調べ学習
に役立つ作文技術」をテーマにした「作文サミット2000」を実
施します。
 総合的学習の「追究」「体験」という要素を支える具体的な教育
技術を追究します。
 なぜなら現在までの総合的学習の実践は「企画」ばかり先行して、
それを支える「教育技術」の開発が不足していたと考えるからです。
放送作家の鮫肌文殊氏は「企画は大胆でも、それだけではできない。
面白くするためには技術がいるんです」と言います。総合的学習の
授業づくりも同じだろうと思います。

 日程:  12月23日(土)13:00〜17:00

 場所:  ゆうぽうと(JR五反田駅下車 徒歩10分)

 講師:  上條晴夫(教育ライター)
  小学校教師を経て、文筆・講演活動に入る。
  現在、「授業づくりネットワーク」代表、全国教室ディベート
 連盟常任理事、学習ゲーム研究会代表。メールマガジン『実践!
 作文研究』『授業づくりネットワーク21』編集主幹。著書に
 『見たこと作文でふしぎ発見』『作文指導10のコツ』『作文指導
 20のネタ』(以上、学事出版)ほか、多数。

 参加費: 2000円(パーティー参加者は別途徴収)

 参加人数:定員30名
     (すでに10名以上の参加希望者がいますので、お早め
      にご連絡下さい。)
 
 参加者は以下のテキストを読んでくることが前提となります。書
店では入手が困難ですので、下記の所まで注文して入手してくださ
い。

---------------------------------------------------------
 「総合的学習のための教育技術−調べ学習のコツと作文的方法」
 (健学社/注文FAX:03−3262−2615)
---------------------------------------------------------
        
(1)講座内容
  調べ学習に役立つ作文技術に関するQ&A
    上條晴夫著「総合的学習のための教育技術−調べ学習のコ
          ツと作文的方法」
   徹底研究です。     
    講師の上條氏からの短い提案のあと質疑応答します。
   パートは本の1章〜3章に対応します。

    *作文的方法の4つのポイント(60分)
    *調べ学習に役立つ作文技術のヒント(120分)
     (含む、ミニ体験講座)
    *見たこと作文の考え方と技術(60分)

(2)パーティー19:00〜21:00
   参加者の交流及び、作文指導活性化に関する戦略会議


 参加を希望される方は、以下の申込書を切り取り、事務局の池内
までメールもしくはファクスでお送り下さい。

─────「作文サミット2000」参加申し込み書──────
氏名

住所

連絡先電話番号

勤務先学校名

メールアドレス

テキスト 有 無

 テキストがどうしても入手出来なかった場合、当日販売をします。
 一部1200円です。

私信(何かご質問がありましたら、この欄にお書き下さい。)

──────────────────────────────

申込先:
   教育サークル「実践レポート研究会」
   事務局 池内 清 
       ikeuchi@air.linkclub.or.jp (24時間受付)
       ファクス 042-723-2884   (午後8時まで)

         ◆     ◆     ◆

−−3.ホームページ進化情報−−
 http://www.jugyo.jp/sakubun/

○「作文の本」に、次の2冊を加えました。

 http://www.jugyo.jp/sakubun/book/

 ・坂口允史『作文試験必勝のパターン』(一ツ橋書店、2000年)
 ・上條晴夫『総合的学習のための教育技術−調べ学習のコツと作
       文的方法』(健学社、2000年)

 坂口さんの著書につきましては、私の感想とそれに対する著者の
お返事が次のサイトで読めます。
┌────────────────────────────┐
|「作文道場」( http://www.dohjoh.com/ )        |
|   → 「交歓会場」→ 「ご意見・ご感想・ご質問」  |
|       ( http://www.dohjoh.com/newpage9.htm ) |
└────────────────────────────┘

○メルマガ発行システム「メルマガランド」にリンクし、ここから
 もマガジンを発行できるようにしました。
 http://www.freemaga.com/

         ◆     ◆     ◆

−−4.編集後記−−

○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、本誌へ
 の感想をお待ちしています。
 本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○無断転載をお断りします。転載希望の方は松田までご相談を。
○本誌への読者登録・解除・アドレス変更はこちらです。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/ ID:0000023841
 「Pubzine」 http://www.pubzine/com/ ID:8460
 「melma!」 http://www.melma.com/ ID:m00014780
 「ココデ・メール」 http://mail.cocode.ne.jp/ ID:0700300256
 「macky!」 http://macky.nifty.com/ ID:23841
 「メルマガ天国」 http://melten.com/ ID:1930
 「E-Magazine」 http://www.emaga.com/ ID:sakubun
 「カプライト」 http://kapu.cplaza.ne.jp/ ID:851
 「メルマガランド」 http://www.freemaga.com/ ID:500186

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.44 2000/11/26 読者数1247
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究 2000
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第44号の感想」を書く 「ご案内」に戻る トップページへ