メールマガジン「実践!作文研究」
第31号(2000.8.27)


論理的思考を鍛える「さくぶん情報誌」
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第31号 2000年8月27日発行(毎週日曜日発行)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。今週号から、「まぐまぐ」以外のシステム
でも『メールマガジン「実践!作文研究」』を配信します。一人で
も多くの方に、読んでもらおうと思っています。新たに読者になっ
たみなさん、そして従来からの読者のみなさんも、今後ともよろし
くお願いします。
 なお、今までのバックナンバーはこちらにあります。

 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

 さて、今回は、秋田県の高校教師、貝田桃子さんに著書の紹介を
していただきます。昨年度の読売教育賞(国語教育部門)の最優秀
賞受賞者です。貝田さんの著書といえば、『ももチャン先生奮闘記』
(教育出版センター)などが私は大好きなのですが、今回紹介して
いただいたのは、国語科授業の実践集についてです。

−−2.ゲストコーナー−−
                       秋田・高等学校
                          貝田桃子

============================================================
国語の表現授業づくりの本
「10分でできる創作し伝え合う国語科授業」
 (2000年4月 学事出版刊)のご紹介
============================================================

「ときどき、授業中シーンと静まり返って息がつまりそう。休み時
 間は生徒たち、あんなに元気なのになぜなんだろう。生徒同士、
 生徒と教師の相互交流の場を授業の中につくりたい」
「四月の授業びらきで、楽しく盛り上がる教材を組み込んで、国語
 楽しそう!と、思ってもらいたい」
「教科中心の授業ペースをくずすことなく、何か新しい、気軽にで
 きる表現活動を組み込みたい」
「学校を卒業してからも思い出に残る、そして表現力のつく授業を
 したい」

 これらが今回のこの本の目標です。
 この本は、実例として授業プリントを提示しています。一つ一つ
の実践は決して難しいものではなく、「えーっ、これだけの準備で
いいの?」というような実践も入っています。

「新聞投稿欄でメキメキ表現力がつく」
「連句あそびで心をつなぐ」
「一行詩で心を伝え合う」
「コピー作文で説得力を身につける」
「読み聞かせで生き方を考える」

の各章に分けて、短時間で気軽に取り組める表現の授業を提案して
います。例えば連句は、575句と77句をつなげていきます。そ
こにルールがあって、恋の句や花の句を入れたり、とっても盛り上
がります。
 小学校高学年から高校まで、幅広く実践できる内容になっていま
す。
 それぞれの実践は、十分ほどで組み込めるものから、六時間ほど
かかるものまで多岐にわたっています。是非、読んでみてください。

【今回の執筆者のプロフィールです】

 貝田桃子(かいた ももこ)
 高校教諭
 著書 「ももチャン先生奮闘記」
    「親と子と教師がつづる高校生日記」
    (ともに教育出版センター)

         ◆     ◆     ◆

−−3.ホームページ進化情報−−

○8月24日、『日経ネットブレーン』WEBサイトの「今日の注目
 サイト」で紹介されました。
http://netbrain.nikkeibp.co.jp/nbr/view/todayssite/0824.shtml

○アクセス数が20000を突破しました。

         ◆     ◆     ◆

−−4.編集後記−−

 来週号(9月3日発行)は、池内清さんの連載「作文キーワード
事典」をお送りします。お楽しみに!

○おかげさまで読者数が1000人を突破しました。今後ともよろ
 しくお願いします。
○作文に関する情報や、本誌への感想をお待ちしています。
 本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○無断転載をお断りします。転載希望の方は松田までご相談を。
○本誌への読者登録・解除・アドレス変更はこちらです。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
 「Pubzine」 http://www.pubzine/com/
「melma!」 http://www.melma.com/
 「ココデ・メール」 http://mail.cocode.ne.jp/
 「macky!」 http://macky.nifty.com/

[AD]--------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓■小学校教師の奮闘記!
┃★Mail Magazine:「ザ・教室」┃□教育エッセイや学級実践
┃  〜学校現場を感じよう〜  ┃■日刊学級通信では、教室の
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ 様子がリアルにわかります
◆登録は→ http://homepage2.nifty.com/shiokaze/mag.html
------------------------------------------------------------

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.31 2000/8/27 読者数1019
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
「まぐまぐ」ID:0000023841 「Pubzine」ID:8460
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究 2000
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第31号の感想」を書く 「ご案内」に戻る トップページへ