メールマガジン「実践!作文研究」
第244号(2004.10.10)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第244号 2004年10月10日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は、伊達木新子さんによる「日本の西端で作文をさけぶ〜作
文子育て奮闘記〜」をお送りします。
 ご意見・ご感想をお待ちしています。

       ◆       ◆       ◆

−2.連載「日本の西端で作文をさけぶ〜作文子育て奮闘記〜」−
                        長崎県・主婦
                         伊達木新子

============================================================
日本の西端で作文をさけぶ〜作文子育て奮闘記〜
第5回 「おもしろ作文道場との出会い」
============================================================
おもしろ作文道場との出会い

 親子理科教室での授業感想文のかいあって学校の日記もえんぴつ
のすべりがなめらかになってきた。ちょうど、日記帳の交換時期が
きたこともあって、担任の先生にこれまでのマス目が大きいものか
ら、マス目のないものへ替えていきたいとご相談したところ
「もう、いい時期ですよ。」
とお許しをいただいた。
 そんなある日、ネットの波を泳いでいたところ実践作文研究会の
サイトに出てきた。授業づくりネットワークの関連であることを確
認すると、「おもしろ作文道場」と書かれた看板を見つける。「お
もしろ」ということばにひかれ、するするとのれんをくぐる。
 すると、一風変わったイラストとセメント男なるあやしげなペン
ネーム、「都会・いなか・ふしぎ発見」という題材に興味をもった
私は早速投稿してみる事にする。身近にあるある題材で難なく取り
組むことができ、結果初めてのWEBデビューとなった。
「これだ。」
と思った私はさっそく娘をさそってみることにした。帰宅をまって、
画面をみせると
「何、これ?おもしろそう。」
ときた。私の投稿をみせて、次の御題を投稿させて、発表。として
いくうちにかなり長い文章も取り組めるようになっていった。

【今回の執筆者のプロフィールです】

伊達木新子
長崎県長崎市
短歌結社「やまなみ」所属
kyositu.com英語号「WORLD」編集長

親世代となり、小、中学校でうけた教育が現在、自らのベースに
なっていることを実感しています。

【今回の関連サイト】

 百聞は一見に如かずです。ぜひご覧ください(松田)。

「おもしろ作文道場」http://www.jugyo.jp/sakubun/toko/
 第42回「都会・いなか ふしぎ発見」
  出題編 http://www.jugyo.jp/sakubun/toko/q-42.html
  解答編 http://www.jugyo.jp/sakubun/toko/a-42.html
「どくしゃの声」より伊達木さんの投稿「ボーダレス…」
  http://www.jugyo.jp/sakubun/reader/reader6.html

       ◆       ◆       ◆

−−3.編集後記−−

○次号は、今宮信吾さんの登場です。お楽しみに。
○本誌は「まぐまぐ」殿堂入りを目指しています。2年以上発行し
 ていて、3000部を突破することが殿堂入りの条件です。ぜひ本誌
 をお知り合いにおすすめください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌はインターネットの本屋さん「まぐまぐ」を利用してします。
 http://www.mag2.com/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.244 2004/10/10 読者数2118
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C) 2000,2004 実践!作文研究会
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「「日本の西端で作文をさけぶ」     
「第244号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ