メールマガジン「実践!作文研究」
第230号(2004.7.4)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第230号 2004年7月4日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は、最近の「実践!作文研究会」メーリングリストの動向に
ついてお知らせします。

       ◆       ◆       ◆

−−2.最近のML−−
                          松田善啓

1.佐世保の事件

 最近のMLの動向で特筆すべきは何と言っても、佐世保の事件に
ついてでしょう。
 6月1日の事件発生以来、どのMLでもこの事件については様々
な切り口から論議がありました。その中で、「実践!作文研究会」
のMLでは、今回の事件が起こるきっかけになったことの一つとさ
れている、子どもたちのインターネット上のやりとりについて話し
合いが行われています。

・インターネット上の子どもたちのコミュニケーションについて
・ネット上への書き込みは「双方向」とは言えないのではないか
・子どもたちが使っている「ネット文体」について
・教師はこれから如何に指導していくべきか

などです。

2.よくある質問〜Yahoo!グループのID登録の方法

 事務局に複数寄せられた質問の中に、「MLの過去の発言を読み
たいのですが、Yahoo!グループのIDはどうやったら取得できます
か?」というものがありました。
 過去の発言の読み方は、HPの会員ヘルプに出ていますが、
http://www.jugyo.jp/sakubun/jsk/help.html
 IDは何だろう、という質問が多く寄せられました。
 登録すべきIDは、任意の半角英数字です。例えば私だったら
「yo_mazda」などを使っています。
 みなさんも、これを参考にぜひ、過去の発言を読んでください。

3.講座・テレビ出演ほかの情報

(1)道徳講座
 2004オール九州道徳授業改革セミナーIN宮崎
 7月31日(土) 宮崎大学
 http://homepage2.nifty.com/sima-yuuiti/doutoku/allkyuusyuu.kkaku.html
(2)教室ディベートの研究会・講座
 7月19日(祝) 全郵政会館
 8月1日(日) 神田外語大学
 http://nade.jp/
(3)テレビ出演
 池田修さん NHK教育「わくわく授業」国語の授業で登場
 7月22日(木)・29日(木)
 http://homepage.mac.com/ikedaosamu/

       ◆       ◆       ◆

−−3.編集後記−−

○次号は、石川 晋さんの登場です。お楽しみに。
○本誌は「まぐまぐ」殿堂入りを目指しています。2年以上発行し
 ていて、3000部を突破することが殿堂入りの条件です。ぜひ本誌
 をお知り合いにおすすめください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌はインターネットの本屋さん「まぐまぐ」を利用してします。
 http://www.mag2.com/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.230 2004/7/4  読者数2141
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C) 2000,2004 実践!作文研究会
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第230号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ