メールマガジン「実践!作文研究」
第221号(2004.5.2)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第221号 2004年5月2日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。GW中いかがお過ごしでしょうか。
 今回は、最近の「実践!作文研究会」メーリングリストの動向に
ついてお知らせします。

       ◆       ◆       ◆

−−2.最近のML−−
                          松田善啓

 「実践!作文研究会」では、ホームページ・メールマガジンの他、
メーリングリスト(ML)やオフ会(勉強会)などの方法でも会員
相互の交流を行っています。
 ここでは、最近MLで出た話題からピックアップしてご紹介して
いきます。

○推敲テクニックの情報交換

 他人に伝えられる文章について、文章が「サクサク読める」よう
に書けるようになるのが良いという書き込みから、会員の作文指導
の際の「推敲」についての情報交流が始まっています。
 ・書いた作文を音読させる。
 ・時間をあけて読み直す。
 ・古い情報が文頭に来ているかをチェックする。
などの情報がこれまでに寄せられています。

○作文嫌いの実態について

 ある調査で明らかになったデータに「小学3年生から国語嫌いが
始まる」「最も苦手な学習は作文」というものがありました。そこ
から、そこから事例や原因の研究について交流が始まっています。
 ・学校で教師が書き方を指導していない。
 ・作文の意欲を引き出す指導が不足している。
 ・授業中に自分の考えを書く時間を入れる。
 ・一つ一つの技術をくり返し教える。
などなど多くの意見が寄せられています。

○読書感想文はこう書け

 上の「作文嫌い実態」の流れの中で、読書感想文の指導について
の話も出ました。
 ・登場人物への共感・批判 などを書く
 ・自分が気になった箇所を引用し、そこにコメントを加える
などの情報が出ています。MLで登場した読書感想文の指導法につ
いては、別の機会にこのマガジンや、HPの「おもしろ作文道場」
などで実際に取り組んでみたい、と私自身おもいます。

 その他、年度が変わったので近況報告なども寄せられています。
 ぜひ皆さんも、「実践!作文研究会」にご入会の上、一緒に勉強
してみませんか?入会方法はこちらです。お待ちしています。

http://www.jugyo.jp/sakubun/jsk/enter.html

       ◆       ◆       ◆

−−3.イベント情報−−

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃☆┃第20回 授業改革セミナー 東京国際フォーラム大会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時  平成16年5月29日(土曜日)13:20〜16:40
場所  東京国際フォーラム会議室 G402
    http://www.t-i-forum.co.jp/japanese_r/index.html
参加費 2,000円
定員  80人 
日程   13:10〜16:40
講師  上條晴夫,佐藤幸司,土作彰,桃崎剛寿
申込  桃崎剛寿 momochan@mb.infobears.ne.jp
詳細  http://www2.infobears.ne.jp/athome/momochan/

       ◆       ◆       ◆

−−4.編集後記−−

○次号は、石川 晋さんの登場です。お楽しみに。
○本誌は「まぐまぐ」殿堂入りを目指しています。2年以上発行し
 ていて、3000部を突破することが殿堂入りの条件です。ぜひ本誌
 をお知り合いにおすすめください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌はインターネットの本屋さん「まぐまぐ」を利用してします。
 http://www.mag2.com/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.221 2004/5/2 読者数2172
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C) 2000,2004 実践!作文研究会
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第221号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ