メールマガジン「実践!作文研究」
第213号(2004.3.7)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第213号 2004年3月7日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は、最近のHPについてお知らせします。

       ◆       ◆       ◆

−−2.最近のHP「実践!作文研究」−−

 「実践!作文研究会」という研究会(代表・上條晴夫、会員数、
171名)があります。
 「21世紀教育の基礎となる作文教育の活性化を目指す」ことを目
標に設立された団体です。そして、その研究会で運営しているメー
リングリストとホームページがあります。
 メーリングリストでは最近、2月28日に行われた作文ワークシ
ョップについての報告や感想などが話されています。
 ホームページには、作文の教え方、書き方の他、このメールマガ
ジンのバックナンバーや投稿企画などがあります。
 ここでは、ホームページの最近の動向をお知らせします。

 昨年の9月に、ホームページを http://www.jugyo.jp/sakubun/
に引っ越してから半年が経ちます。
 移動後、次のような更新をしました。

・「見たこと作文」の実践をアップした。

・設置してからのアクセス数が25万を突破した。

・短歌「31道場」、作文「おもしろ作文道場」などの投稿企画を
 更新した。
 最近、不定期更新になりがちですが、現在短歌は「春をよぶ」と
 いうお題で募集しています。

・リンク集に新しいサイトのリンクを増やした。
 ここでは、相互リンクのものの一部を紹介します。
  マモちゃんの「見たまんま」
   http://home.e05.itscom.net/mitamama/
  大人からの情報発信=60歳ドットコム=
   http://www.60sai.com/
  インターネット家庭教師 ねっちゅう
   http://www.bbnet-you.com/

 「実践!作文研究会」

 なお、ホームページへの参加、メールマガジンの購読は「実践!
作文研究会」の会員でなくとも可能です。どうぞお気軽にご参加・
ご購読ください。
 今後は、4月が過ぎて私の身辺が落ち着いたら頃から、過去に雑
誌に載った作文関係の実践・論文等をHPに順次掲載していく予定
です。
 どうぞお楽しみに。

       ◆       ◆       ◆

−−3.研究会やメルマガのCM−−

┌────────────────────────────┐
|          〜31道場〜            |
|サーティワンといってもアイスクリームではありません。  |
|毎日の時間の流れのなか、「あれ?」と気づいたりカンジた |
|「こころ」を31の文字でのこしてみませんか。      |
|むずかしいことはありません。思った事をそのまま。    |
|字足らず、余りOK!どんどんお送りください。      |
|みなさんの「いま。」をおまちしています。        |
|                            |
|第17回「春をよぶ」出題                |
|    http://www.jugyo.jp/sakubun/tanka31/q-17.html  |
└────────────────────────────┘
┌────────────────────────────┐
|■授業づくりネットワーク2004春           |
|「学力向上」と「発展的学習」のための授業づくりセミナー |
|                    ワークショップ30|
|日時:2004年3月27日(土)            |
|場所:成蹊大学(武蔵野市吉祥寺北町)          |
|内容:小論文の書き方(倉島保美氏)           |
|   作文&スピーチの授業づくり(鈴木啓司氏)     |
|   ユーモア詩で学級づくり(増田修治氏)       |
|   国語の学習ゲーム(佐内信之氏)          |
|                     などなど。  |
|詳細:http://www.jugyo.jp/yotei/20040327haru.html    |
└────────────────────────────┘

       ◆       ◆       ◆

−−4.編集後記−−

○次号は、石川 晋氏の「簡単!中学校作文授業入門」第1回です。
 お楽しみに。
○本誌は「まぐまぐ」殿堂入りを目指しています。2年以上発行し
 ていて、3000部を突破することが殿堂入りの条件です。ぜひ本誌
 をお知り合いにおすすめください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌はインターネットの本屋さん「まぐまぐ」を利用してします。
 http://www.mag2.com/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.213 2004/3/7  読者数2182 
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C) 2000,2004 実践!作文研究会
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第213号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ