メールマガジン「実践!作文研究」
第159号(2003.2.23)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第159号 2003年2月23日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は、北海道の小学校教諭「セメント男」さんによる「ハガキ
職人術」の連載をお送りします。
 これは、ラジオ投稿の方法についての連載です。
 ラジオ投稿術といえば、私自身もラジオにハガキを出した経験が
あります。一昨年には「こうすればラジオでハガキが読まれる」と
いう連載を執筆しました。こちらの方は「実践!作文研究」のHP
や、私の個人サイトで読むことができますので、ぜひそちらもご覧
ください。ここでは個人サイトの方をご紹介しておきます。
「松田善啓 教育実践のページ」
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/3804/
 それでは今回は「序」ということで、ご質問・ご意見をお待ちし
ています。

       ◆       ◆       ◆

−−2.ハガキ職人術 in 北海道−−
                           北海道
                         セメント男

==============================
        ハガキ職人術 in 北海道 序
==============================

 私は現在、北海道は函館の近くの町で小学校教諭をしている。
 今から14年くらい前に「ハガキ職人」として、北海道内のラジ
オ番組を中心にハガキを出していた。
 300枚を超えるハガキが、番組の中で読まれた。
 その時にハガキを書いた経験が、図らずも文章修行につながった。
 この連載では、私のラジオ番組におけるハガキ職人としての経験
を通して、文章を書く時のネタとコツについて探っていく。
 ただし、あまりに自慢話が多いので、本名のまま書くのは非常に
恥ずかしい。
 そういうわけで、この連載も当時のラジオネームで執筆させてい
ただくことにすることをご了承いただきたい。

〜連載計画〜

1.「セメント男」の歴史
 「セメント男」というラジオネームはどのようにして生まれたか、
 そしてどんな番組にハガキを出したり活躍したりしたか。
  ・セメント前史
  ・STVラジオ
  ・南へ進め
 
2.ネタの作り方
 ハガキにはどんな内容を書けばよいか、その内容についてどのよ
 うに考えていけばよいか。
  ・ネタ帳
  ・コーナーの傾向と対策

3.替え歌の作り方
 私が特に得意だった「替え歌」についてと、その作り方のコツに
 ついて。
  ・「替え歌コンテスト」V9
  ・替え歌づくりの方程式

4.読まれるハガキのコツ
 ハガキを出していく中で会得していった、読まれやすいハガキ、
 ボツになりやすいハガキの特徴について。
  ・短くインパクト
  ・読みやすいこと

 この連載でお送りする内容は、主に私の経験(自慢)に基づくも
のである。異論もたくさんあるだろう。従って、いろいろな意見を
いただければ幸いである。
 よろしくお願いします。

【今回の執筆者のプロフィールです】

 セメント男(セメント男・ザ・サンダーボルト)
 生まれも育ちも北海道。
 旭川に住んでいた大学生頃、ハガキ職人になる。
 STVラジオ、HBCラジオ、RABラジオ、TBCラジオ、
RFCラジオ、TBSラジオ、ニッポン放送、CBCラジオなどの
ラジオ番組で、ハガキが読まれたり、電話で出演したりした経験を
持つ。現在は函館の近くで小学校教諭をしている。

       ◆       ◆       ◆

−−3.研究会情報−−

 授業づくりネットワーク2003春
  〜新時代の学力をつけるワークショップ30〜
 主催:授業づくりネットワーク
 日時:3月27日(木) 午前10時〜午後5時
 会場:成蹊大学(東京都武蔵野市)
 詳細: http://www.jugyo.jp/yotei/20020328haru.html

       ◆       ◆       ◆

−−4.編集後記−−

○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine.com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ 851
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212
 Posbee http://www.posbee.com/ 0000000685
 MailuX http://www.mailux.com/ sakubun
 ポストマガジン http://pmag.spacetown.ne.jp/ 00000641
 ジョイフォ http://www.jfo.jp/ VID22902

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.159 2003/2/23  読者数3092
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究会 2000,2003
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第159号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ