メールマガジン「実践!作文研究」
第155号(2003.1.26)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第155号 2003年1月26日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさんこんにちは。
 今回は、リレー連載「作文ゲーム入門」の最終回です。神吉満さ
んによる「グループ対抗 抽選BOXの中は?〜一つの言葉を、詳
しく説明する〜」をお送りします。
 北九州のみなさん、1年間執筆ありがとうございました。

       ◆       ◆       ◆

−−2.リレー連載「作文ゲーム入門」−−

                        福岡・小学校
                          神吉 満
============================================================
作文ゲーム入門 第12回
    グループ対抗 抽選BOXの中は?
       〜一つの言葉を、詳しく説明する〜
============================================================

 本実践は、MM「実践!作文研究」#118(荒谷慈/プロが教
える作文指導 2)の中で紹介されている「抽選ボックスの中は?」
http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/118.html
の修正追試です。6年生(40人)を対象に実践しました。
 言葉を説明する文を3文までと限定したこととグループ対抗にし
たところが主な修正点です。

◇言葉を言葉で説明するゲームです。

 子どもたちは、抽選ボックスからひいた「言葉」をみんなにわか
るように説明します。

◇ゲームのやり方

1.抽選ボックスから「言葉」の書かれた紙をひく。

 抽選ボックスに「言葉」を書いた紙を小さく折っていれておきま
す。「言葉」が書いてある紙は、難易度べつに色分けしておきます。
 荒谷氏の実践では、下のように赤、青、黄、金の4色に色分けし、
赤→青→黄→金の順番で、難しくしています。
┌────────────────────────────┐
│(例)                         │
│赤(低学年向け)赤ちゃん、ふうせん、ハンカチ、犬、バナナ│
│青(中学年向け)信号、小学校、鉛筆、歯、骨、教頭先生  │
│黄(高学年向け)光、磁石、空気、温度、星、郵便、右   │
│金(中学生向け)政治、方向、円、喜怒哀楽        │
└────────────────────────────┘
 私は、金をのけた3色で実践しました。

2.「言葉」を説明する作文を書く。

『引いた紙に書かれている「言葉」がクラス全員にわかるように説
 明する作文を書きます。』
 作文書くときのルールは下のとおりです。
┌────────────────────────────┐
│○その言葉の反対言葉は使わない(右の反対)       │
│○3文以内で説明する                  │
│○文字数をヒントにしない                |
|   (漢字で2文字、カタカナで3文字等)       │
└────────────────────────────┘
 書けたら、グループ内で読みあい、説明が1番上手な作文を選び
ます。

《子どもの作品》

風船:ふくろ状になっていて、ゴムでできているものが多い。中に
   空気やガスを入れてふくらませる。水を入れて投げ合いをし
   ている人もいる。 
星 :晴れた夜、空に出ている。よく見るといろいろな色に光って
   いる。季節によって見えるものが違う。
空気:酸素、窒素、二酸化炭素が混ざったもの。みんなのまわりに
   あって、いつも吸っている。これがないと生きられない。

3.クイズをする

『今から言葉当てクイズをします。』
 グループの代表になった人は作文を読み、他の人はその作文が説
明している「言葉」を予想して紙に書きます。すべてのグループが
読み終わった後に答あわせをしました。
 答あわせをした後、その言葉を辞書でひいてどんな説明になって
いるか調べました。

《子どもたちの感想》

 「楽しかった、またやりたい」という子どもが多かった。

○言葉を言うのは簡単だけど、その言葉を説明するのは難しかった。
 辞書でひくと簡単にわかるけど、自分で説明するのは大変だった。
○書いている方はこれで大丈夫と思っていても、聞いている人には
 わかりにくいこともあるんだなぁと思った。
○やる前は簡単だと思っていた。実際にやると結構難しくて頭を使
 った。書く時も答えるときも頭を使うので楽しい。
○自分がわかっていても、それを人に説明するのは難しい。説明を
 きいて、その言葉をあてるのが楽しかった。

【今回の執筆者のプロフィールです】

 神吉 満(かみよし みつる)
 今年で、教員5年目です。
 北九州市立企救丘小学校6年1組担任です。
 大学は、東京学芸大学小学校教員養成課程保健体育専修です。

       ◆       ◆       ◆

−−3.ホームページ進化情報−−
 http://www.jugyo.jp/sakubun/

○「31道場」は本日、第2回に寄せられた歌の発表です。
 第3回のお題「甘いもの」の発表も行われました。
 プロアマ老若男女問わず、どうぞお気軽に参加してくだ
 さい。
 また、学級の子どもたちの参加もお待ちしています。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/tanka31/a-2.html

○言葉で遊ぶCGIに「マジカルバナナ」が登場しました。
 「オサル」から始まってなぜか現在「冨田勲」となって
 います。こちらの方も、どうぞお気軽にご参加下さい。

 http://www.jugyo.jp/sakubun/community/

       ◆       ◆       ◆

−−4.編集後記−−

○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine.com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ 851
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212
 Posbee http://www.posbee.com/ 0000000685
 MailuX http://www.mailux.com/ sakubun
 ポストマガジン http://pmag.spacetown.ne.jp/ 00000641
 ジョイフォ http://www.jfo.jp/ VID22902

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.155 2003/1/26  読者数3120
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究会 2000,2003
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「作文ゲーム入門          10 11

「第155号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ