メールマガジン「実践!作文研究」
第120号(2002.5.26)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第120号 2002年5月26日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさん、こんにちは。
 「実践!作文研究」120号をお届けします。
 今回は、「作文ゲーム入門」第4回です。下川奈美さんによる
「花のつくことば 五七五作文クイズ」をお送りします。
 皆さんのご意見やご感想をお待ちしています。

       ◆       ◆       ◆

−−2.リレー連載・作文ゲーム入門−−
                         福岡・学生
                          下川奈美

============================================================
作文ゲーム入門 第4回
        花のつくことば
        〜五七五作文クイズ〜
============================================================

「花のつくことば 五七五作文クイズ」

◇「花」がつく言葉をさがし、その言葉を伏字としたクイズを作る。
 クイズは、五七五の形式とし、ヒントとなる言葉の吟味をさせる。

◇ゲームのやり方
 
 1.グループで「花」のつく言葉を出し合う。
  ・できるだけたくさん作る。
  ・「花」は訓読み、音読みのどちらでもよいことにする。
  (花火、花束、花吹雪、花見、花嫁、花瓶、生け花、花壇、
   花札など)
 
 2.出し合った花のつく言葉をつかって、五七五作文クイズを作
   る。
  ・できるだけたくさん作る。
  ・同じ言葉をつかったものでもよい。
  ・ただし、「花○」「○花」のように花のつく言葉は伏字にし
   てクイズとする。
  ・○の部分は、ひらがなでカウントするルールとする。
   (花束→花たば→花○○)
  ・答えが一つに絞れるようなクイズがよい作品で、いくつかの
   答えが出るような作文クイズは、よくない作品であることを
   助言する。
   
    例えば、
   ○「夏の夜 空に大きな 花○かな」
    (答え:花火) 
   ×「きのう見た 花○○とても きれいだな」
    (答え:花園でも花束でも花嫁でも当てはまる)

 3.クイズ大会をする。
  ・各グループ順に、一つずつ板書して出題させる。
  ・それぞれの作品の簡単な評を教師がしながら、よい作品には、
   優秀賞や難問賞や風流賞などの賞を与える。
  ・一番多く作ったグループとたくさん賞を取ったグループを勝
   ちとする。

◇「花」の他にも「山」「空」「水」「雨」のつく言葉などでやっ
  てみたり、そのいくつかをつかってもよいルールにして
 (「山」「空」「水」のつく言葉で…)
 やってみたりしてもおもしろい。

【今回の執筆者のプロフィールです】

下川奈美(しもかわなみ)
福岡教育大学4年 障害児教育専攻

       ◆       ◆       ◆

−−3.「ココデ・メール」サービス終了について−−

 概要はこちら。
 http://mail.cocode.ne.jp/

 当MMにおける対応はこちら。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/cocode.html

 「ココデ・メール」でこのマガジンをご覧の方には、既に昨日
メールマガジン特別版をお送り致しました。
 ぜひ、お早めのシステム変更をお願いします。

       ◆       ◆       ◆

−−4.前号の訂正−−

 前号の「実践!作文研究会」県別会員数に誤りがありました。
 新会員のデータも反映した上で正しい物を載せます。

 1位 東京都…29人
 2位 北海道…23人
 3位 福岡県…15人
 4位 兵庫県…14人
 5位 大阪府… 5人

 6位 4人は…愛知・秋田・神奈川・埼玉・山梨・海外
12位 3人は…茨城・静岡・千葉・新潟・福島・宮城・三重・山形
20位 2人は…岡山・沖縄・鹿児島・岐阜・群馬・島根・徳島・
        長崎・広島
29位 1人は…青森・石川・岩手・愛媛・佐賀・長野・奈良・福井・
        宮崎・山口・和歌山
40位 0人は…京都・大分・香川・熊本・高知・滋賀・
        鳥取・富山・栃木

 0人の県をなくしたいと考えています。
 入会をお待ちしています。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/jsk/

−−5.編集後記−−

○このメールマガジンを知人に送って、購読をお薦めください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。
 転載希望の方は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine.com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ 851
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212
 ゴザンス http://www.gozans.com/ sakubun

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.120 2002/5/26 読者数2685
編集主幹者 上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.ne.jp
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究会 2002
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「作文ゲーム入門          10 11

「第120号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ