メールマガジン「実践!作文研究
第103号(2002.1.27)


学力問題としての作文教育を考える
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第103号 2002年1月27日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.はじめに−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさん、こんにちは。
 「実践!作文研究」第103号をお届けします。
 今週は、次のことをお送りします。
┌────────────────────────────┐
| MM「実践!作文研究」連載計画            |
└────────────────────────────┘
 今回は、大枠の連載計画が決まりましたので発表します。
 ではどうぞ、お読みください。

       ◆       ◆       ◆

−−2.MM「実践!作文研究」連載計画−−

 木越憲輝さん(東京・小学校)、佐内信之さん(東京・小学校)、
池内 清さん(東京・小学校)の連載については、教育サークル
「実践レポート研究会」での企画打ち合わせで決定しました。
 以下、上條晴夫主幹の案内より。

■木越憲輝:日記指導おもしろネタ集

 日記指導の「おもしろネタ」について発掘・追試をしてもらいま
す。木越さんの発掘・追試のヒット作には「算数日記」があります。
日記形式の面白ネタを2ヶ月に一度のペースでご紹介します。

■佐内信之:作文指導のキーワード

 4月から大学院で本格的に作文を勉強する佐内さんには、文献資
料をもとに「作文指導のキーワード」の解説を書いてもらいます。
たとえば「概念くだき」のような作文教育の遺産の中から<国語科
教師以外>の方にも役立つものを選んで紹介してもらえたらと思っ
ています。

■池内 清:実践・授業感想文

 最近、池内さんがこだわっているという授業感想文に関する実践
記録をガンガン書いてもらいます。評論文指導などで有名な大森修
氏は「ノート指導は授業感想からスタートする」と言っています。
「学力問題としての作文指導」として「授業感想文」についての実
践提案に期待が持てます。

 このほかにも、石井 淳さん(秋田・小学校)の「教室でこそ鍛
えたい”伝え合う力”」をお送りします。「書くこと」を取り入れ
ながら,”伝え合う力”が鍛えられる実践例を紹介していきます。
 また、北九州のみなさんにもリレー連載を担当していただきます。
 私 松田善啓からは、HPのコンテンツについての情報「最近の
「おもしろ作文道場」」や、メーリングリストで出た内容を情報と
してお送りする「さくぶんの窓」などをお届けする予定です。

 みなさん。今年の『メールマガジン「実践!作文研究」』にも、
どうぞご期待ください。

       ◆       ◆       ◆

 この他に藤原友和さん(北海道・中学校)が、「実践!作文研究
会」のメーリングリスト向けに連載します。

■藤原友和:中学校ノート指導のコツ

 前に本誌にも寄稿いただいた堀 裕嗣さんが、ある論文の中で次
のように書いています。
「90年代になって、ノート指導に関する提案が盛んになされるよう
 になった。有田和正氏の「はてな?」帳、上條晴夫氏の「出力型」
 ノート、大森修氏の「参画を促す」ノートなどである。これらの
 提案の方向性を私なりの言葉でまとめると、次のようになろうか。
 「学習者の思考力を鍛える」」。
 ただし以上の3名はいずれも小学校の教師でした。この<方向性>
のノート指導を中学校・国語の藤原さんに追試・紹介をしていただ
きます。

       ◆       ◆       ◆

−−3.編集後記−−

 来週は、木越憲輝さんの連載「日記指導おもしろネタ集」の第1
回をお送りします。お楽しみに!

○このメールマガジンを知人に送って、購読をお薦めください。
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。転載希望の方
 は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine/com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 ココデ・メール http://mail.cocode.ne.jp/ 0700300256
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.cplaza.ne.jp/ 851
 めるぼっくす http://www.merubox.com/ 00000162
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212
 ゴザンス http://www.gozans.com/ sakubun

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.103 2002/1/27 読者数2367
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究会 2002
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第103号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ