メールマガジン「実践!作文研究」
第101号(2002.1.13)


調べ学習に役立つ作文技術の情報誌
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 メールマガジン「実践!作文研究」
 第101号 2002年1月13日発行(毎週日曜日発行)
 登録・解除は http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

−−1.2002年 巻頭言−−
                  「実践!作文研究」編集長
                          松田善啓

 みなさん、あけましておめでとうございます。
 「実践!作文研究」第101号をお届けします。

 おかげさまで、前号めでたく本誌も100号を迎えることができ
ました。そこで新団体「実践!作文研究会」旗揚げを宣言しました。
その研究会の入会者数が、あっという間に昨日100名を突破しま
した。研究会のメーリングリストも無事に1月11日に立ち上がり、
現在は、会員の皆さんがメーリングリストの中で、続々と自己紹介
をしているところです。
 HP、MM、ML。三位一体の媒体で作文教育の活性化を目指す
という当初の目標がありました。
 HPについては、1999年5月に運営を開始しました。
 このMMは、2000年1月に創刊しました。
 そしてMLが始まりました。媒体の設置という意味では、当初の
目標に到達しました。
 今年は、この3つの媒体を相互に生かしながら運営していきます。

 皆さんどうぞ、よろしくお願いします。 

         ◆     ◆     ◆

−−2.第3期メールマガジンの方針−−−

 3年目となる本誌では、今年つぎのような運営をしようと考えて
います。骨組みは決めますが、MMの特性を生かし、かなり弾力的
な運営です。

1.週刊
  これまで通り、毎週日曜日に発行します。

2.連載企画
  編集同人に連載を持ってもらいます。
  合計で20回分ぐらいになるでしょうか。

3.読者交流
  これを10回以上設けます。
  今年は、双方向の線をもっと強くするつもりです。

4.単発企画
  約10回、編集同人以外の方にも原稿を書いていただきます。
  「実践!作文研究会」内外の方にも原稿依頼をします。

5.特集企画
  テーマを決めて取り組む特集企画を、1年間の中で何回か設け
  ます。

 今年もよろしくお願いします。

−−3.会員募集中−−

 前号で、教育に関心のあるすべての方へ、参加を呼びかけました。
 「実践!作文研究会」の紹介ページはこちらです。
 入会フォームもあります。入会はメールでも受け付けます。

 http://www.jugyo.jp/sakubun/jsk/enter.html

 1・目標
   21世紀教育の基礎となる作文教育の活性化を目指す

 2・具体的な方向
  1)作文ワークショップの開発と実施をする。
  2)多様な作文教育の方法論の発掘・開発と普及に務める。
  3)作文カリキュラムの開発法の研究を行う。

 3・会員制度
  ・本研究会は会員制度をとる。
  ・ただし入会金および会費などは無料とする。
  ・会員は研究誌(メールマガジン)の読者登録を義務とする。
  ・研究誌(メールマガジン)は事務局が編集・発行する。
  ・会員の交流はメーリングリストを原則とする。

 4.研究成果の発表
  ・雑誌『授業づくりネットワーク』などに実践成果を発表する。
  ・新しい時代に必要な「作文教育」双書の刊行を目指す。
  ・各メディアで適宜成果の発表を行う。

 5.連絡先・会員受付
  ・上條晴夫(代表)
          E-mail haruo.kamijo@nifty.ne.jp
  ・松田善啓(事務局)
   (会員受付)
    http://www.jugyo.jp/sakubun/jsk/enter.html
          E-mail yo_mazda@nifty.com

−−4.各スタンド別 読者数−−

 各スタンド別の今週の読者数です。

        ・まぐまぐ 1593人
        ・パブジーン  81人
        ・メルマ    86人
        ・ココデメール 21人
        ・マッキー   73人
        ・メルマガ天国 61人
        ・Eマガジン 202人
        ・カプライト  94人
        ・めるぼっくす 31人
        ・めろんぱん  50人
        ・ティアラ   29人
        ・ゴザンス    0人

         合  計 2321人

−−5.編集後記−−

○このメールマガジンを知人に送って、購読をお薦めください。
◎第100号を知人に送って、研究会への入会をお勧めください。
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/100.html
○作文や作文的手法の実践・理論・追試報告などの情報や、作文に
 関するHP、MM、MLなどの情報、本誌への感想をお待ちして
 います。本誌やWEBサイトで紹介させていただくことがあります。
○HPやMLなどへの無断転載は固くお断りします。転載希望の方
 は必ず松田までご相談ください。
○本誌の読者登録・解除・アドレス変更・バックナンバーは、
 http://www.jugyo.jp/sakubun/magazine/ まで。
○本誌は次の配信システムを利用して発行しています。
 まぐまぐ http://www.mag2.com/ 0000023841
 Pubzine http://www.pubzine/com/ 8460
 melma! http://www.melma.com/ m00014780
 ココデ・メール http://mail.cocode.ne.jp/ 0700300256
 macky! http://macky.nifty.com/ 23841
 メルマガ天国 http://melten.com/ 1930
 E-Magazine http://www.emaga.com/ sakubun
 カプライト http://kapu.cplaza.ne.jp/ 851
 めるぼっくす http://www.merubox.com/ 00000162
 めろんぱん http://www.melonpan.net/ 000879
 ティアラオンライン http://www.tiaraonline.com/ m102212
 ゴザンス http://www.gozans.com/ sakubun

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
メールマガジン「実践!作文研究」No.101 2002/1/13 読者数2321
編集主幹  上條晴夫 haruo.kamijo@nifty.com
発行責任者 松田善啓 yo_mazda@nifty.com
HP: http://www.jugyo.jp/sakubun/
(C)実践!作文研究会 2002
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


「第101号の感想」を書く 戻  る トップページへ

メールマガジンのご案内へ