実践!作文研究会
関西オフ会のお知らせ


「実践!作文研究会」オフ会in大阪のお知らせ

■実践!作文研究会オフ会in大阪のお誘い■
  2001年12月にスタートした「実践!作文研究会」(代表:上條晴夫)は約150名の会員が、ほぼ毎日、メーリングリスト上で作文教育について情報交換をしています。
 この度、大阪で研究会オフ会を開催することになりました。4月21日に第4回授業づくり先端技術開発会議として実施をした東京オフ会(約40名参加)に続いて2度目の試みです。ぜひたくさんの方の参加をお待ちしています。「実践!作文研究会」の会員以外の方でも作文に興味があれば参加できます。
 ふるってご参加ください。

  目的:作文教育活性のため作文及び作文指導法の情報交換をする。
  日 時:2002年9月21日(土)
 
      ■勉強会:13時〜17時

       ●野浪正隆:「実践・文章表現論」(13:00〜15:00)

       内容:「文章表現論」早わかり(30分)、「学生を対象にした文章表現指
       導」の実際(60分)、文章表現に関するQ&A(30分)。
               講師プロフィール:大阪教育大学教授。高校で11年間国語科教員として
       「国語という名の文章表現論」を教える。その後、大学へ。より本格的な
       文章表現論の研究と指導を開始する。「現在のコンピュータ環境には文
       章表現研究が不可欠」が持論の一つである。

       ●上條晴夫:「作文ミニワークショップ」(15:10〜15:40)

       内容:発想指導にもつながる「番号作文」のワークショップを実施する。
       参加者全員でテーマを決めて番号作文を書く。発表する。
       講師プロフィール:小学校教師十年の後、教育ライター。著書に『作文
       指導10のコツ』『作文指導20のネタ』などがある。現在、埼玉大学非常
       勤講師として「生活科指導法」「総合的学習」も指導する。

       ●山崎一夫:「最近の若者作文―入社試験の現場から」(15:45〜17:00)

       内容:入社受験生の作文を素材に、若者作文の特徴について語る。文
       章のプロが見た若者作文の傾向と入試作文の対策を紹介する。
       講師プロフィール:1973年、毎日新聞社入社。大阪本社で社会部記者、
       科学部デスク、社会部デスク、阪神大震災直後の阪神支局長を経て特
       別報道部長、2000年4月から、代表室次長兼人事・総務部長。

       ■懇親会:18時〜20時

  場 所:大阪教育大学天王寺キャンパス大会議室(勉強会)
       最寄り駅情報:環状線寺田町駅より徒歩5分
       未定(懇親会)

  参加費:2000円(勉強会)

  参加者:20人(先着)

  申込先:「授業づくりネットワーク・実践!作文研究会」大阪オフ会事務局
      担当:高井和枝(Eメール:kazue@arteyes.co.jp
      メールに「氏名・所属・住所・アドレス・懇親会参加の有無」などを書いて
      上記担当までお申し込み下さい。
      下のフォームから申し込むこともできます。

お 名 前
所 属
住 所
メールアドレス
懇親会参加の有無 参加   不参加
その他 質問・要望など
記入事項をもう一度よく確認した上で、送信ボタンを押して下さい。→  

目   次 概   要 主   旨 会員のページ 入会申し込み

戻る ホームに戻る

実践!作文研究会