なりきり作文
野口芳宏『作文で鍛える(上)』(明治図書、1988年)より


 「子どもの興味・関心を第一に考えて作文力を高めていこう」という試み。
 他のものになりきって作文を書かせる。

作文例

   題名 「私は人形です」                  まなみー
 私はまなみさんの人形です。いつも一緒にあそんでもらっています。
 遊んでいて、ときどき、首が取れたり、腕がもげたりします。ものすごく痛いです。
 でも、まなみさんは、腕があったところに首をつけたり、首があったところに足をつけたりして面白がっています。
 たいてい、最後には元に戻してくれるのですが、ときどき、そのままおもちゃ箱に放り投げられて、次の日までほっておかれます。
 そんな時、私はいつも思います。
 「ねえ、まなみさん!遊んだらちゃんと、元に戻しておいてよ!困るじゃない!」